戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘアスプレー法ことはじめ(失敗の記録)
流行のヘアスプレー法を
三号突撃砲F/8の製作過程で、こっそり試していました。

ヘアスプレー法は、塗膜の剥がし方の技法の一種で
ヘアスプレーを剥離材として、下塗りと上塗りの間に挟むのです。
髪を洗えば落ちてしまう水溶性の性質を利用して
水を使えば、上塗りの剥がしが、容易になるというわけです。

使用したのは、洗面所の棚の中にあったモッズヘアー レベル3というやつ。
部分的に適用してみました。
ヘアスプレー法1
塗ったところの画像がないのですが
穴の中がよく見えないままスプレーしましたので
塗り過ぎていたようです。

つるつるのぬるぬるで、髪にツヤを与える成分が含まれているのでしょう。
乾燥しそうな気配が、まったく見えません。

いつまでも、ぬるぬるしていて
3日置いても、とても塗料をその上から塗れそうにありません。
結局、10日置いてから、サンド色を筆塗りしました。
ヘアスプレー法2
さて、ここから上塗りのサンド色を剥がしていきます。
水をつけながら、とがった金属で軽く擦ってみます。
なんということでしょう!
下塗りのメタルカラーダークアイアンもごっそり剥がれてしまうではありませんか。
ヘアスプレー法3
モッズヘアーの成分が、下塗りの塗料に何か悪い影響を与えたのでしょうか。
とにかく、ふやけているかのように
わずかな力で容易く剥がれてしまいます。

スプレー缶からの直吹きではなく、エアブラシで薄く吹くべきだったのかもしれません。
ツヤあり成分がすくないヘアスプレーを選ぶべきなのかもしれません。
ともかく、初めての試みは失敗に終わってしまいました。

リカバリーは、いったんすべて溶剤で落とし
ヘアスプレー法リカバリー
ラッカーのブラウンを塗り
ヘアスプレー法リカバリー2
アクリルのジャーマングレーを塗り直しました。
ヘアスプレー法リカバリー3
ヘアスプレー無しでも、この状態から上塗りを剥がすことは可能なんですけどね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
私的には、今現在自分のやっている
技法で充分満足のいく物ができるので、このテクニックはやらないと思いますが、新しい技法へのチャレンジ精神には感服します。
スプレーした後の塗膜の強さに興味がありますね。弱いから剥げやすいのであろうけど、剥がし作業が終わってから、艶消しスプレー等で更にコートしないとウォッシングで剥げてしまうとかだと台なしですからね。また経年変化も気になる所です。
2009/11/08 (日) 18:40:50 | URL | dickermax #X.NmPtlw[ 編集]
メタルカラーって確か触ると色落ちする位、喰い付きが弱かったと思うのでそのせいかもしれませんね。
ヘアスプレー法は結構はやっていますね。
失敗が怖くて手を出しそうに無いですが。
2009/11/09 (月) 03:20:55 | URL | あきら式改 #z.Jczy7U[ 編集]
ヘアスプレーは
高級なものを使用する必要はありません。
自分は100円ショップのウルトラハードとかいうのを使いました。
吹き付けると、ものの1分もしないうちに乾燥しますので、4~5回塗り重ねています。
スプレーは吹き方の調節が出来ないので、薄目に数回塗り重ねるのが良いのではないかと思います。
2009/11/09 (月) 09:44:22 | URL | コーチン #NgDLdiQA[ 編集]
あと、剥がす場合は、
金属よりも、竹串の方が、
調節しやすいと思います。
先を削って、使いやすいように加工すれば、削れ方の微調整もある程度出来ます。
2009/11/09 (月) 09:50:13 | URL | コーチン #NgDLdiQA[ 編集]
ヘアスプレー法 いつかリベンジを
>dickermaxさんへ
次回、やってみたときに塗膜の強さを確認してみますね。
上塗りの塗料の種類に影響されることも予想できます。

>あきら式改さんへ
メタルカラーは、おそらく金属粒子が入っているのではないでしょうか。
食い付きは、むしろ強いように思います。
磨くと、色が変わりますので
その経験が、色落ちに感じられているのかもしれません。

>コーチンさんへ
え!?
ものの1分で乾燥ですか!?
すぐに100円ショップに向かった方が良さそうですね。

シャーマンの、そのまま剥離片を蒸着させる方法は、すごくいい感じを受けました。
つづきの実験を楽しみにしています。
2009/11/10 (火) 00:05:32 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
宮崎さん。私もよく失敗します。。
2012/05/27 (日) 00:59:35 | URL | 山口まさかず #-[ 編集]
山口まさかずさんへ
コメントありがとうございます。

やはり失敗が多いから、大成功する作品も生み出されているのでしょうね。
独自の作風にすばらしさを感じています。

わたしも失敗はおそれずどんどん行こうと思います。
積極的であることが成功に結びつくらしいです。
2012/05/28 (月) 06:40:16 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
失敗は成功のもと。。言うのは簡単ですが、私は時々心が折れてしま、、、しかし、宮崎さんのチャレンジ精神の塊のような作例をいつもワクワクしながら拝見させていただいて、自分もそのように頑張りたいと成功できるようにと日々願っています。あと、宮崎産のサイトをリンクしたいのですが、、やり方すらまだわからないのですが、リンクしても良いでしょうか??
2012/05/30 (水) 20:08:23 | URL | 和楽ブログ #-[ 編集]
山口さんへ
リンクのしかたはですね。
まず、管理ページに入ってもらって
左側の「環境設定」のなかから
「リンクの設定」を選びます。

すると「サイト名」と「URL」を入れるページになりますから、
コピーして貼付けて
「追加」ボタンを押せばOKです!

経済学の研究では
投資分野でも
仮に正しい情報にもとづかなくても
積極的にいろいろやったほうが、最終的に大きな成功に結びつきやすいということが
わかってきています。

何が正しいかはわからなくっても
考えつく限りの新しい手法に挑戦していけば、
いつかはだれもやったことがない
すばらしい結果を得られる可能性が高くなるということでしょうか(笑)。

塗装分野における保守的な傾向を打破しないと
世界レベルに大きな差をつけられてしまうという危機感がありました。
少しずつチャレンジングな方向へ動きつつあるように感じています。
「めげない心」は必要ですね(笑)。

かつて、告白して振られ落ち込んでいるわたしに教授は言いました。
「あのなあ、ひとりや二人で落ち込んでてどうする。少なくとも100人には振られないと恋愛など語ることはできないぞ」と。

戦車でも女でも100輛(人)にアタックすれば、結果はついてくると思います。
語るに値する経験も多く得られるにちがいありません。
ロングスパンで展望を持ってがんばれば、
小さな挫折(それでもけっこうこたえますが)は乗り越えられる、そう信じてます。

これまでブログを続けてきて
二度の大きなスランプと、数々のちいさな気落ちに見舞われています。
今現在も、やる気はあるのに結果がでないジレンマで日々悩まされていますが、
皆さんとの交流で励まされ、すばらしい作品の数々にエネルギーをもらえています。
ありがたいことです。

2012/06/01 (金) 09:41:31 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
宮崎様、リンクさせていただきました。方法までコメントいただいてしまい恐縮です、、日本の模型事情の塗装分野における保守的な傾向、、、、は私も感じています。冒険心を忘れずにやっていきたいですね。まだリンク表示が小さくしかできないようなのでブログの方も、またいろいろいじってみようと思っています。
2012/06/05 (火) 23:03:45 | URL | 和楽ブログ #-[ 編集]
山口さんへ
リンクありがとうございます。


モデラーが百人いれば、百様の独自技術で
それぞれすばらしい花を咲かせる日が来ればいいなと思います。

山口さんの四号、オリジナリティがあってほれぼれします。
http://blog-imgs-31.fc2.com/w/a/r/warakuinfo/201204051740498d4.jpg
2012/06/09 (土) 06:38:49 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。