戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦車の塗装法:白いアクセント
ポスカホワイトによる白いアクセントは、まったくの架空なのでしょうか?

ここ最近(5㎝Pak38以降)、かならず作品のどこかに
ポスカのホワイトをつかって白い斑点やシミを入れるようになりました。
これは明暗の幅を広げ、暗い部分を対比的に強調し
作品に深みと奥行きを加えるように感じています。

さて、これはまったくの架空の演出なのでしょうか?
集めた資料写真では、現実にさまざまな理由から白く写っているものがあります。
白キャタ
このキャタピラには、踏みつぶされた小石が、白い斑点となっています。
このフォークリフトでは、衝撃による白化、もしくは白いものにぶつかった跡や
基本塗装が剥がれて下地の白い塗装が見えています。
白リフト

鉄の地肌が、一部露出し反射によって白っぽく見えることもあります。
白ムラ

まさに塗ったかのように白いものが付着しています。
(塗ってませんからね(笑))
白フック

サビと白はよく似合う。そう表現したくなるようなジャストなコンビネーション。
白蝶番
サビ色だけを置くよりも、白も近くに配色した方がずっと引き立つことを発見してしまいました。
それからは、ずっとポスカホワイトにお世話になりっぱなしです。
アクリル溶剤で、すぐに溶解するので
筆やティッシュに付けてちょっといじめてやると
じつに自然な表情で収まってくれるのです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/23 (月) 20:30:25 | | #[ 編集]
確かに錆色の側に白色というのはマッチングしますね。
以前、テクスチャーペイントで車両の泥&錆の表現テストをした際に仕上げに使用した艶消しスプレーで
失敗した際に所々白くなってしまった所が出来てしまったのですが
それが妙にマッチングしていたのを思い出しました。
2009/11/23 (月) 21:08:42 | URL | わんこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/23 (月) 21:12:14 | | #[ 編集]
白の効果
宮崎さん!こんにちは(*^。^*)
ポスカによる白のポイント、Real感が本当にまして見えますね!
言われてみれば塗装が剥げ落ちた所や、小石を踏んだ所などは普段見たところでも白くなっていますので、
戦車に白い部分があるのもありなのだと思います。
今先日のタミヤフェアで購入してきましたシャーマンを作っておりますので、
私もどこかでポスカの白を使って見たいと思いました。
宮崎さんのブログは本当にテクニックの宝庫なので、これからも一杯参考にさせていただきたいと思います。
では、今後もよろしくお願いいたします。
2009/11/24 (火) 15:34:16 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
わんこさんへ
水野シゲユキさんが、このような白い汚れを入れられますが
(理由は異なるかもしれませんが)
効果のほどを実感しました。

実際の汚れに白く(白っぽく)みえるものもありますので
フィクションにはならないと思います。

雨垂れ、サビ、ホコリ、泥、オイル、etc の汚れがある中で
実物を観察すれば、まだまだ複雑な汚れもあるのかもしれませんね。

たとえば、必ずしも言語化できないような ?な汚れとか。
2009/11/24 (火) 23:09:27 | URL | 宮崎 #cXp81IFc[ 編集]
かおりさんへ
こんにちはかおりさん!
よく観察すると、結構白っぽいものはありますよ。
模型的な表現としてもグッドです。
なんかいい感じ~に仕上がります。

ポスカ ホワイト、ぜひ使ってみてください。
わたしは、いちばん極太のものを使っています。
しばらく使っていると、フエルトが適当に荒れてきて
不定形に色がのるから面白いんです。
溶剤で、荒らす時には
こすると広がってしまいますので
お化粧でコットンをたたく時みたいにやってみるとよいと思います。
なれてきたら、好きなようにやってみてください。
2009/11/24 (火) 23:16:00 | URL | 宮崎 #cXp81IFc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。