戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
模型の明度
ここのところ、模型の明度についてとても気になるようになりました。
最初に感じたのはガンタンクの撮影の時です。
ガンタンクはいわゆる「赤」「青」「黄」色のアニメ設定カラーで塗っていますが
彩度はかなり落としています。
ところが、同時に明度もかなり落ちていて、全体として見たとき
かなり暗いのです。
模型の明度
これは撮影のとき、どういう問題を起こすかと言えば
ガンタンク側に露出をあわせると、青い空が真っ白に飛んでしまうのです。
なかなか青い空が撮れないことで
「ああ、失敗したな」
と感じたのです。

AFVモデルは、汚しを入れるうちに知らず知らず明度が落ちていくきらいがあります。
多くのAFVモデルは、どちらかといえば暗めでしょう。
日中の野外で見る世の中は、思ったより明度が高いと最近あらためて思うのです。
そこで、これから新規で塗り始めるキットは
まずは明度を先に設定した基本色塗装にしようと思っているのです。

(タミヤアクリルは乾燥すると色が変化するので、正しい色の見極めがむずかしいように思います。
また、下地塗装の色によっても上塗りが変化するので、ねらっている明度に設定することをむずかしくしています)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
タミヤアクリルカラーは乾燥してからの色変わりもさることながら、紫外線などの退色も他のカラーに比べ激しいような気がします。
条件的に、模型屋さんのショーウィンドーというのはサンプルならないかもしれませんが、同じく数十年飾らせてもらっている作品でも、タミヤエナメル、グンゼのラッカーを使用した作品より遥かに日焼けして白っぽくなってしまっているのです。

プラモ復帰してから色々な方の製作話しでタミヤのアクリルカラーを使用されている方が多くなった気がしたのですが皆さんそれほど日焼けとかしてないのでしょうか?
2009/12/15 (火) 01:59:15 | URL | わんこ #-[ 編集]
タミヤアクリルの紫外線褪色
なるほど。
タミヤアクリルは紫外線にももっとも弱いのですか。
クレオスのアクリルはどうなのでしょうね。

ほとんどの方は、陽の当たる場所には保管されていないので
実害は出ていないのだろうと推測されます。

褪色を利用して、暗くなり過ぎた塗装を
白っぽくしてみるのも面白いかもしれませんね。
2009/12/15 (火) 17:51:48 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。