戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在の技術水準
フィギュアはこれまでの人生で、6体しか塗ったことがありません。
小学生のとき塗った戦車兵、おなじく二号戦車のアフリカ戦車兵、そして塗りかけのSS隊員です。
その時点で「こんなものは塗れない」と断じてしまったのです。
6体のフィギュア
というわけで、私の現在のフィギュア塗装技術水準は
正真正銘「小学生レベル」のままなのです。

この写真を見ているだけで恐怖感が襲ってきますねー。
なんだかトラウマになっているみたいです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
私が思うにフィギュアはなんと言っても
「出来が良い」物を選び(これが中々良い物が無いのが現実ですが・・・)顔の塗装などは、コテコテ塗り込まないで原型を生かす方向で行えば良いかと思います。カルヴィンン・タンにはなれないのが現実です。。。それでじょじょにステップを上げていけば光明は見えるはず(自我もこめて)?巷にあふれるのは、どれも「塗ってある』感が前面に出ていて閉口します。しかし、最近、タッチで
生命感がだせるか、と模索中でもあります。それは人物の動きの骨格との融合で難しくもありますが。
ま、いずれにせよ一筋縄ではいかないカテゴリーですね。
2010/02/07 (日) 23:43:38 | URL | dickermax #X.NmPtlw[ 編集]
どうも、書き込むのは数ヶ月ぶりですが、いつも見ております。

フィギュア塗装技術だって? フィギア無くてもなんとかなる!
http://en.diorama.ru/gallery/dioramas/2064/
ジオラマ専門のサイトで、ロシア人がメインのようです。

あなたは素晴らしい技術をもっているのに
伸ばさないなんてもったいない。

というより、小学生の頃のものが残っているのがすごい。
2010/02/08 (月) 15:14:57 | URL | king chi-he #-[ 編集]
dickermaxさんへ
確かに西洋に見られる「コテコテ塗り」を代表とするフィギュア塗装の主流は、
「塗ってある」感が強く出ていますね。
光と影をも意識的にコントロールしているために、不自然さがつきまとい、リアルには見えないことがほとんどです。
まったく方向の異なる塗り方で、出来ればカンタンに自然に人間のように見せる方法があるのではないかと、かすかな希望を抱いています。
その意味でdickermaxさんの求められている
素材の立体感を活かし、タッチで生命感を出せるかもしれない塗装法に
非常に興味があります。

ロスにワックスミュージアムという、つまらない観光名所がありますが
実物大の人形でさえ本物の人間に見せることは、かなりむずかしいと思えました。
ただ、「ろう」という素材のもつ「透明感」がプラスに作用しているのではないかと感じました。
「塗料」を「塗付けて」再現する肌の質感とは、まったく異なるものです。
2010/02/08 (月) 21:15:02 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
king chi-heさんへ
お久しぶりでございます。
すばらしくためになるサイトをご紹介いただきありがとうございます。

確かにフィギュア無しでも表現できる世界は
まだまだアイディア次第で無限にあるようですね。
重要な示唆を与えていただきありがとうございます。

かつて、経営コンサルタントの講演で
中小企業が大企業に勝つ方法を聞いたことがあります。
とにかく資源(時間、労力、金)を専門分野に集中しろと。
大企業にも負けない独自分野で一点突破を図るのだと。

これまでフィギュアに手をつけなかったのは、あちこち手を広げて資源の分散をまねきたくはなかったからでもありました。
それなのに、手をつけてしまったのは
少しばかり気持ちに余裕ができたからでしょうか。
へたくそで自信のない分野に手をつけても
なんとかやれるかもしれないと根拠のない自信ができたからかもしれません。

ぼちぼちやりますので、あたたかく見てやってください。
2010/02/08 (月) 21:28:50 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。