戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行き詰まりの打開策
仕事などで心身共に疲れ果ててしまったとき、
また、むずかしい局面、苦手な作業に直面したときなど
様々な原因で
佳境に入った製作中の模型にどうしても集中できないときがあります。
おまけにこの時期は花粉症の方にはつらい時期でしょう。
技術の基礎
行き詰まりを感じてしまったときは
どのようにして脱出するか、
勉強法の指南書にヒントがありました。
来年は、子供たちが受験ということもあり
なんとなく勉強法の本が気になる今日この頃。

勉強法の本を読みながら、
それを模型の上達に当てはめながら読んでしまうのです。

吉永賢一著
『東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法』中経出版刊
によると・・・

『勉強をしながら、行き詰まりを感じたり、
プレッシャーに押しつぶされそうになるときがあります。
そうやって気持ちがちぢこまってしまうときに、
もっと気楽になれる「小技」があります。
それは、いま自分がいる空間を見渡し、目に入ったものを指で指しながら、その名前を言うのです。
「壁!」「蛍光灯!」「空気!」「机!」「イス!」・・・・・・
という具合です。
視線をその「モノ」のほうに向け、指を指して行なうのがコツです。
気持ちがちぢこまってしまうのは、自分への執着が強くなっているからです。
そうした執着をはがすためにも、意識的に「自分以外」のモノへ注意を向けるのです。』

(中略)

『どうしても行動する気が起きないときがあります。
そんなときは、自らの呼吸を観てください。
「ああ、息を吸っているなあ、吐いているなあ」と観察していくのです。
そして、呼吸している自分に気づいてください。
呼吸を観察したら、手首に指を当てて自分の脈を感じてください。
ずっと鼓動しています。
生まれてきてから今までずっと働いてきたのです。
これは、自分の中の「生きる力」を確認する作業です。
呼吸や脈を観察することで、自分にも「生きる力」が与えられていることを実感するのです。
こうしていくうちにちょっとずつ動けるようになっていきます。
そういうエネルギーが出てきたら、それを大切にしてください。
どんなにちょっとでも、否定しないでください。
ほんの小さな一歩は、いつだって偉大な一歩なのですから。』

(中略)

『「成績を上げる」というプロジェクトでは、テクニックの部分が語られがちですが、じつはそれ以上にメンタルな部分が大きいと思います。
たとえば、「テキストを開く」という行動はとてもカンタンなはずです。
しかし、なぜかそれができないときがあります。
10秒もあればできてしまうことなのに、
何かがストッパーになってできないのです。
これはまさにメンタルな部分での問題です。
過去15年以上にわたって生徒を教えてきた経験から実感するのですが、
勉強というものは、
メンタルな部分が基礎にあり、
その上にテクニックがあるようです。
そのため、メンタルな部分が解消できていないと、
どれだけテクニックを身につけようと、なかなか成績は伸びません。
(中略)
成績を下げる考え方には、いくつかあります。
主なものをあげると次の通りです。

* 間違えると落ち込む
* すぐ人のせいにする
* 嫉妬深い
* 人を蹴落としたいと思う
* すぐに結果を求める 』

(中略)

『つい嫉妬してしまうのが、自然のあり方だと思います。
ところが、嫉妬はさまざまな副作用を起こします。
そのうち最大のものが、「嫉妬すると、頭が悪くなる」ということです。
もちろん、これは経験にもとづいた私の仮説にすぎません。
ただ、なんとなく思い当たる節がある人は、
これから述べることをぜひ参考にしてください。
(中略)
しかし、嫉妬してしまうと、自分の成長は大きく妨げられます。
というのも、実際は、相手が自分の「ほしいもの」を手に入れたのには、
それだけの「原因」があります。
原因があるから、いまの「結果」があるのです。
ところが、嫉妬すると、
相手のすべてを否定することになり、その「原因」の部分に目がいかなくなります。
その結果、自分の「ほしいもの」を相手が手に入れたノウハウを吸収できなくなってしまうのです。』
コメント
この記事へのコメント
宮崎さん本当にご無沙汰しております、、、n.bloodです!
で、、、、
今回ダイレクトなのですが、「キャノンコンペ」と言うイベントを企画しておりまして、もしお時間のつごうが良ければ、ぜひっ、参加していただけないものかと?お誘いに参りました!!
詳細は、自分のブログの右トップにある「千葉しぼりHP」にございますので、お手すきの時などにご覧いただければと思います!
(勿論、ジャンルは問いません!)
あ!
話し変わりますが、、、、
下の「光の記事」!!
凄~~く共感しました!!笑
僕も、作業部屋は、全て2重カーテンで締め切り、ライティングの状態を常に1年間通して同じ状態に保つようにしてます、、、
蛍光管は年に2回、夏、冬取り替えて、できるだけ同じ環境で製作していますが、、、、
環境以前に、腕が無いので、いまだに塗りに四苦八苦してますけどね(大笑)
久しぶりに、ためになる宮崎モデリングを読み返しましたよ、、、、
いやぁ~~、感服しました!!
いつきても楽しい!
(あ!長話失礼しました~v-405
2010/03/17 (水) 02:25:27 | URL | n.blood #-[ 編集]
n.blood さん、お久しぶりです!
キャノンコンペですか!
カテゴリーとしてはAFVモデラーにもなじみ深く
とてもエントリーしやすい分野ですね。

ナニナニ、コンペティターの面々は・・・、
げっ! 正確無比でシャープなディテールの雄 TOCさんやら、濱薫さんやら、雑誌で見たような名前の荒川さんやら(他にもいらっしゃるかもしれませんがあまり雑誌見てないので)空恐ろしいばかりの面々。
いつかは勝負してみたいとか、一泡吹かせてみたいとか(笑)、ちょっと「おおっ!」ぐらい思ってもらえる作品を提示したいと思うものの、
全力投球できる環境がないとそれだけのクォリティのものは作れそうにないなあと、ちょっと消極的になってしまいます。

AFVには彼らと対決できるほどインパクトあるキャラクターがないのではないか。
かといって、不慣れなガンプラでは勝負するだけの力量も無し。
むむむ・・と悩みどころです。

11月11日が締め切りですね。
とりあえず、受付期限の9月1日まで悩んでみます。
(38(t)戦車とか、約束の作品も抱えているもので(汗))

それにしても蛍光灯を年に二回取り替えるなどの環境対策、
さすがです!!
「徹底」ということの実践的意味を思い知らされました。
2010/03/18 (木) 19:05:28 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
うむむ…
嫉妬すると頭が悪くなる。なるほど。確かに坊主袈裟で状況が見えなくなります。気分的にも相手を憎んだり、そんな自分を責めたりとは良いことありません。小春日和の休日に心が洗われた感じです。ありがとうございました。(合掌)
2010/03/22 (月) 13:28:34 | URL | えむろぼ #-[ 編集]
えむろぼさんへ
やはり感情的になってしまうことが
冷静に事態を把握することを妨げるのでしょうね。
この筆者は、うらやましく思う人を見たら
「よかったね」
と心の中で言うようにしているそうです。

勉強でも
スポーツでも
仕事でも
趣味でも
高みに登ろうと思ったら
結局は、人間性の問題にいつもぶち当たります。
自分を磨くことなしに、すぐれた業績は残せないもののような気がしています。
2010/03/24 (水) 11:34:20 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。