戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライトの工作
そろそろ、おっぱいについて語りましょうか。
おっぱい
ボリュームとカタチ、あるいは弾力、はたまた感じやすさのどれを重視するかといえば・・・
おっと、間違えました。
P40のライトでした。
ライト2
今回はライトについて語りたいと思います。
AFVのパーツの中で、最も遅れているのがライトだと思います。
車体前面の非常に目立つところにありながら
一目で、「プラモデルだ!」と判断されてしまうクォリティ。
実車とは明らかなちがいを見せる反射光が
有効な対策をとられないままに今日まで放置されてきました。
リアリティ最優先の場合の対処法は、「取り付けない」か「隠す」です。
ドイツ戦車ならば、ノテックライトやボッシュライトに逃げることができます。
では、逃げのきかない車両では?

凹面鏡のメッキパーツを開発してくれるメーカーを待つしかないのでしょうか。

P40では、アルミホイルを試してみます。
ライト3
絵筆の後端にアルミホイルを被せて
ライトパーツに突っ込みます。

余分をカッターで切り取ります。
ライト4

しわは残りますね。仕方のないことです。
ライト5
内側にカッターを入れて、さらに余分な部分を切り取ります。
すでに瞬間接着剤を入れていますので、相当切れる刃を使わないと
汚くなってしまいます。
ライト6

キット付属のレンズ(平板)を付けようとしましたが
大きすぎるじゃありませんか。
ライト7
ポンチで小さめに打ち直して使用しました。

100均などで売っているデコレーションシールと比較してみます。
ライト8左:キット  右:デコレシール

模型用の専用ライトパーツは、透明度が高く100均のデコレシールより反射のキレが良いです。
でも、レンズを付けなければ、アルミホイルの輝きもまあまあですね。
ライト10左手前:レンズ無し  右手前:専用ライトパーツ

ふつうはここで満足するところでしょう。
ですが、キレの良い専用ライトパーツも、
反射鏡が凹面ではありませんので反射の様子が実車とは違うのです。

ついでにダイヤモンドかットされたデコレシールをはめてみました。
ライト9
オモチャと化してしまいますが、表現のひとつとしてはおもしろいかも。
人造ダイヤモンドを用いれば、もっとするどい輝きを放つでしょう。

結論は、「クロームの凹面鏡」に勝るもの無しです。
必要なのはクロームメッキ処理された凹面鏡。
100均で手に入れたキラキラアクセサリーが唯一の希望にかなう部品です。
ライト11
うまく加工して使うことによってシャープでリアルな反射のライトが得られます。
ライト12
過去、ヒルドルブにはこれを用いています。
ザクヘッドのモノアイの中心にも。
これはチーフテン用に加工中のもの。
ライト13
小さすぎて加工するのがむずかしいのが難点です。

P40では、さあて、どうしましょうかね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
お久し振りです。
ライトの表現、確かに悩みますね。
クロームの凹面鏡もそうですが、ガラス部分も結構悩みます。
毎回妥協していますが、そろそろ向き合わなければいけませんね。
2010/05/03 (月) 21:17:20 | URL | ピカ #-[ 編集]
工作ではないですが…
スパッツスティックスのアルティメイトミラークロームを塗るというのはどうでしょうか?私自身使った事無いのですが、塗装例がすごくピカピカしてましたので勢いで提案してしまいました。既に検討済みでしたら申し訳ないです。
2010/05/03 (月) 21:54:29 | URL | nachu_DX #-[ 編集]
ピカさんへ
未だ究極と言えるライトパーツは
反射鏡もレンズも出ていませんので
多くの人は妥協で済ませざるを得ない現状ですからね。
創意工夫でなんとかしたいものです。
2010/05/03 (月) 23:09:22 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
nachu_DXさんへ
>アルティメイトミラークローム
写真で見る限り、かなり良さそうですね。
塗料だと下地もそれなりに平滑性を高めておく必要がありそうです。
一度使ってみたいと思います。
情報ありがとうございます。
2010/05/03 (月) 23:14:51 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
お久しぶりです。
実は今度P-40を作ることになりまして、調べてたら検索に引っかかりおじゃましてます。ライトの凹面鏡ですが、長谷川のミラーフィニッシュを張り込んだらどうかなと思っています・・・
薄膜なので、アルミホイルよりなじみやすいですよ。しかも粘着性です。
2012/05/19 (土) 10:37:56 | URL | kotin #-[ 編集]
kotinさんへ
お久しぶりでございます。

目の方は回復されたのでしょうか。
更新されていたのは知っていまして
コメントはしなかったのですが
CV9040の頃から拝見させていただいていました。

次はP40ですか!
このキットの問題点は履帯でしょうか。
スプロケットには噛みませんし、巻き付けると最終的に長さが合いません。
スカートに隠れる部分での調整が必要だとおもわれます。
別売りを使った方がカッコ良いですけどね。

あと、砲塔の立て付けもほめられたものではありません。

完璧主義で組み立てようとすると、挫折してしまいます。わたしがそうなんです(泣)。
2012/05/19 (土) 19:15:53 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
こんばんは
目の炎症は治まっていますが、右目は飛蚊症で左目は角膜表面に光彩が癒着して、視野の一部に黒い点が何カ所もあって見えにくいです。失明しなかっただけでももうけものと考えた方が良さそうです。
P40まだ袋から出していませんが、そんなにひどいのですか・・・ブラチモデルの履帯と足回りで8000円あまりするようなので、素組みで行こうと思っているのですが・・・このキットは、なんといっても迷彩塗装をエアブラシでやるところにもっとも製作意欲をかき立てられます。
2012/05/20 (日) 23:26:23 | URL | kotin #-[ 編集]
kotin さんへ
人生ではいろいろと大変なことが起こるものですね。
失明に至らなくてなによりです。

タミヤの値付けはおかしいのではないかと思う出来です。
イタレリパッケージだと、金属砲身は含まれています。

迷彩塗装をエアブラシとなれば、マスキングですね。
ちなみに赤い色の部分は、レッドプライマーの色そのままじゃないのかと思いました。
2012/05/22 (火) 08:30:43 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。