戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進捗状況
戦車を組むかぎり、サクッと素組なんてことは夢のまた夢です。
どんなキットでもそれなりに仕上げようとすれば、
いや、それなりどころかB級をC級にデチューンする方向であっても
なおサクッとはいかないんですよねえ。
進捗状況P40

ただいまイタリアン重戦車は、キャタピラを一枚一枚整形中。
一枚につきゲート跡が二カ所と、
そのままではスプロケットに収まらないため前後長を縮める加工をしています。
進捗状況P40キャタ

億劫に思ってしまう原因の根本は
根気のいる作業を避けようとする自分にあります。
モチベーションが弱くなっているようなんです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
大変ですね~
今晩は宮崎さん。
キャタピラを一枚一枚整形中とは大変な事になりましたね~!
こちらもタミヤキットをサクサクと製作なんて考えていたら、とんでもない間違いでした。
イタリアン迷彩にバックのブルー明るくて良い感じじゃないですか~!
モチベーションが弱っている時に元気が出そうですネッ!
2010/05/07 (金) 23:12:25 | URL | ハンス #-[ 編集]
ハンスさんへ
タミヤキットもよく言われるほど
組みやすくないものがありますからね!
とくに最近のキットに取付け位置不明の部分や
精度の劣る勘合部があるように感じます。
設計思想の変化も見受けられますので
設計陣も少しずつ世代交代していったのでしょう。
昔のキットだと大目に見てもらえることも
新しいキットだと許してもらえませんからねー。
再現性は高くなる方向にありますが
細かい部分では、以前は無かった少しぞんざいな感じも出てきているようにも感じます。
作る側の意識が変化しているのかもしれませんが。

A0サイズのブルーの色画用紙を買ってきました。
チハの撮影にもう一度トライするためなんです。
海外の画像ではブルーバックは、わりと多いのでマネしてみたんですよー。
2010/05/09 (日) 00:32:56 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
キャタピラ整形とは、シンドい道を選びましたね。
軌道輪とのかみ合わせが悪いとは聞いていたので、自分は軌道輪の歯を切って合わせようと考えていたのですが...
2010/05/09 (日) 03:25:58 | URL | あきら式改 #z.Jczy7U[ 編集]
あきら式改さんへ
起動輪の歯はすごーく見えるところにありますからね。
キャタピラの塗装との兼ね合いで
手順によるかもしれませんね。

連結ピンの穴も空いていないし
厚ぼったいキャタなので
アフターパーツに頼るのが、もっとも賢明なやり方だと思えますが
車体のクォリティがそこまで達していないのに、そこだけお金をかけてもという感じなんですよね。
2010/05/10 (月) 00:32:05 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。