戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不遇のシールド
「ご承知の通り、近年のお宝ブームで一年戦争当時のモビルスーツの遺品がもてはやされるようになりました。
ことにジオン軍のモビルスーツは、風化しやすく傷みも激しいため
良品の機体は高値で取引されております。
ザクはもとより、グフやドムならなおさらです。
ズゴックなどもマニアには根強い人気です。
このシールドは、土壌の年代や埋蔵状況から、
一度は盗掘されたものの、ありふれた連邦軍のものと判断され放置されたもののようです」
1シールド
「ジムのシールドなどくさるほどヤフオクにも出品され安価ですからね」
「パーツとしては人気がないうえに、分解不能で巨大だときています。
運送代にもならないときもありますね」
「これだけ巨大だと飾るところに困るんです。
それにサビがないとどうも情緒に欠けて面白味がないんですよ」
「そういう意見が大勢のようです。
じつはわたしもグフヘッドを狙っているんですけどね。
タマがないんですよねえ」
「もし売りに出されても天文学的な価格でとても手が出ませんよ。
せいぜいショルダーホーンですな。
毎朝ショルダーホーンを磨いて、ほおずりしてから出勤するのが夢ですなあ」
下地のチタニウムシルバー色は
Mr.カラー スーパーメタリックにウッドブラウンを足したものや
メタルカラーステンレスにウッドブラウンを足して塗りました。
一部にシルバー、ガンダムマーカーウェザリング6色セットのバーントアイアンを被せています。
そして例のごとく
一部にポスカホワイトを置きました。
2シールド
タミヤアクリルのライトグレイをベースに調色し
くすんだ色で基本塗装をしました。
パネルごとにいくらか色を変化させて塗ることで単調さを消します。
3シールド
アクリル溶剤をティッシュペーパーにつけて
基本色を剥ぎ取ります。
スポンジとか、豚毛の筆とかも試してみましたが、
ティッシュがいちばん結果良好でした。
ボロボロになって塗装面に残りやすいのが欠点ですので、キッチンペーパーなどを試してみたいところです。
4シールド
彩度を落とした色で塗った結果は、ただ茫洋として汚いだけでした。
四号駆逐戦車のときも、まったく同じ経験をしました。

人間は何を見て美しいと思うのか?
ボロボロに朽ち果てたサビの塊や、塗料の剥げかけた壁を見て
どこに美しさを見いだしているのだろう?

研究の結果、
色のコンビネーションや、色のコントラストが必要だと判断しました。

白トビするようなシルバー~黒に近い色や
黒に近い赤~白に近い赤まで入れたり
原色に近い赤などを
スポンジチッピングの手法で加えていきました。
5シールド
スポンジチッピングを重ねる「多重スポンジチッピング」です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
おもろいっ!
いやぁおもしろいですよねぇこういう物語を考えるの。

もっともっと読みたいです。

それにしてもこの楯・・・
金属にしか見えないのはわかっていましたが、
どういう金属かわかるっていうのは
さすがですよねぇ。
2010/05/14 (金) 11:11:06 | URL | あに #V8JG6pNI[ 編集]
あにさんへ
ははは・・(笑)。
たまにこういうの考えるの
おもしろいです。

チタニウムの年代物の表現って
こんなんでいいんでしょうかね??
ただ今、模索中です。

このシールドは例のあれですよ、1/48。
ずいぶん先になるでしょうが
本体も出てきますよ。
2010/05/15 (土) 08:37:20 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
面白いです!
宮崎さん今晩は。読んで、楽しい~★の一言です。

いかにも遺跡から出てきたよ!でも、どうしようか?これ…みたいな会話がいいですね。

400年後にヤフオクがあるのも面白い。ツボにハマりました。

2010/05/15 (土) 23:45:27 | URL | チャン家のママ #-[ 編集]
チャン家のママさんへ
楽しんでもらえてよかった!

この時代では、チタニウムはもっともありふれた金属で、誰もありがたがらないし
地金としても安すぎるようです。
年代物の歴史ある遺物だけは、それなりの値段がつくようですがね。
2010/05/16 (日) 23:14:09 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。