戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サビマガジンvol.3
あるタンクのサビ。
タンクの径は1.5メートル程度。
タンク
中央部はペンキの塗り残しか?
不思議な処理。
現実は模型よりも奇なり。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
やっぱりみなさんこういうの撮ってるんですね。
実は現在30枚ほどガードレールや、コンテナ、トラック、自分の車・・等と撮りためててます。
超邪道といえば“さびてんねん”も持ってます。
サビ天然はいかにも邪道という思いから使っていません。
ただ思うにさびてんねんは砂鉄の細かい奴をクリアーイエローに混ぜて塗り、乾いてからトイレ洗剤のサンポールを塗ればいけそうな気がするのですよねぇ。
自分で工夫した物を使うのであればちょっとは気も楽?
今度やってみようか・・
2010/05/30 (日) 19:02:32 | URL | い~かぜ! #Gia.iuKU[ 編集]
い~かぜ!さんへ
模型を作るようになってから(出戻ってから)
まじまじとサビなどを観察するようになりました。

サビ天然を使った作例を見てみると
確かにまごうことなきサビではありますね!
やはりみなさん後ろめたいのか
あんまり普及していないような気がします。
そのサンポールを使った方法も一度挑戦してみてほしいです。

過去、ハリガネと水で錆び移りを利用してやったことがありますよ。
四号戦車の記事

http://sanwakatu.blog115.fc2.com/blog-entry-159.html
と次の記事を参照してみてください。
2010/05/31 (月) 23:39:21 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
これは塗装した後、シンナーで汚れをふき取って塗膜が薄くなってしまい。そこからさびたんでしょうね。
2010/06/13 (日) 06:32:49 | URL | 山田 #-[ 編集]
はじめまして、山田さん
もう一度現地へ行って確かめてみました。
これは、縦長のタンクが
横倒しになって放置してあるものでした。

サビの出ているところを塗らないのは
おかしいなと思いつつも
塗るとき、手が届かなくなって上面に塗り残しが出たのではないか
というのがひとつの推論です。

山田さんの言われるようにシンナーで拭き取った可能性もまったく否定はできませんね。
2010/06/13 (日) 19:06:50 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。