戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不死鳥タイガー
ほとんど放置車輌状態になっていたタミヤタイガーですが
折に触れては、眺めたり追加工作したりしていました。
ですが、古い塗装理論で塗られた車体は、最新のヤークトタイガーなどと比べると
うす暗くて魅力がなく、見るだけで気落ちしてしまうような有様でした。

なんとか明るくできないものかと、
タミヤウェザリングマスターをダークイエロー部分に塗付けてみたのが
この最新画像です。
タイガー最新画像
いくぶんマシに見えるようになりました、前よりは。

タイガースモーク

これまでの歩みをざっとご紹介します。
どうしたことか、砲塔の後部ハッチのような大きな部品を紛失してしまいました。
そのうち出てくるだろうと、高をくくっていましたが
ついに自作することになりました。
砲塔ハッチ

排気管カバーは、後付けの新品の設定。
ならば、なぜ錆びさせる? ・・・・・・なんとなく。
タイガーマフラーカバー

リアリティのない塗装に嫌気がさし、ミョウバン水を投入した状態だったでしょうか・・(遠い目)。
タイガー操縦手ハッチ

リアフェンダーもプライマー色でいくと決めたのは、つい最近のこと。
タイガーリアフェンダー
こんなのは誰も見たことがないだろうという新しい何かを提示することは、
クリエイターとして大事なことです。
マウスの工場内に、タイガーの砲塔が転がってるくらいですから
部品ぐらいあるところにはあるんです。
再生工場からフェニックスのごとく飛び立つタイガーなのです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
1カット目、履帯の金属感が目を見張りますね。2カット目の砲口の感じも。
昔出てた、シェパードペインの本の後書きみたいな所に、あのアニメーションの大御所、大塚康生氏が、日本人と海外の人との色彩感覚の違い、みたいな事を書いておられました。
なる程、と思ったものです。あちらは衣食住あらゆる所に色が多いです。
色彩感覚が生まれた時から豊かなんですね。
戦車の色とて、まぁ、原色は使わないまでも、例外ではないと思われます。

日本人の作風も、バーリンデンの登場以来、感化されて、随分明るくなりましたよね。それまでは暗かった~。渋い「暗さ』ではなく、単に墨っぽいと言うか。色彩感覚の貧しい日本人ならではの作風でした。
しかし、思うに、グローバルで見た場合、日本人特有のワビ、サビの世界もそれはそれで個性的。存在価値はあるのでは?とも、さいきんちらほら思ったりもします。
2010/06/14 (月) 01:33:09 | URL | dickermax #X.NmPtlw[ 編集]
自分には、この作品の何が気に入らないのか分かりませんが、
現状に甘んじていては進化が無いというお話は納得させられます。
納得はしますが、やるかやらないかは別問題ですねw。
2010/06/14 (月) 19:41:58 | URL | ピカ #-[ 編集]
dickermaxさんへ
>履帯の金属感
肉眼では、なぜか、このようには見えないです。

カメラという機械は
ときに人間の目よりも良く写すことがあります。
実際、良く写るカメラ(レンズ交換式とか)は、
「レンズの性能が良い」「受光センサーが大きい」
の2点において、肉眼で見るよりも光をとらえる能力にすぐれている場合があり
しばしば(というか多くの場合において)肉眼で見たもの以上の何かを写し込むようです。
そんなとき「良く写る!」と感想をもらすのですが
コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)と呼ばれるものでも、同等に光をとらえることができます。
「近くに寄って写す」からだと思っています。

ついでに思いついたのですが
こうして見る(写す)場合、スケールエフェクトはまったく関係しないのではないでしょうか。
スケールエフェクトが関係するのは、
「模型を模型として見る場合だけ」である。
そんな気がしています。

>色彩感覚の貧しい日本人
日本人の作るものには、色彩の幅が少ないのですかねー?
色彩感覚が、狂ってる。あるいは、幼稚であると言えるのかもしれません。
というのは、日本や、アジア系の街を見ると
無数の色、派手な原色系が我れ先にと言わんばかりに主張して
ハデハデしく雑多な印象を受けるのですが
ヨーロッパの街は
色使いが、シブくて大人のセンスでまとまっていると言うか
色彩は少なくて、色調に深みがあると思うのです。

原色系の好きなアジア、アフリカ系と
シブい色使いのヨーロピアンというのが、わたしの認識でした。

街と作品は、また別の次元の話ですね。
2010/06/14 (月) 23:02:49 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ピカさんへ
お久しぶりです!
コメントありがとうございます!

長く続けていれば、なにかしら変化が起こってくるものだと思います。
意気込んで、やろうと思わなくても
続けていれば、知らず知らずに変化(進化)を求めていくのが人間というものです。
お互い気楽にやりましょう(笑)。
あきずに、投げ出さずにやり続けることが
やがて実を結ぶのだと思います。
あらゆる分野での成功の秘訣は
「続けること」
にあるらしいです。
それが、いちばん難しいことだそうです。
2010/06/14 (月) 23:10:42 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
日本の色
|原色系の好きなアジア、アフリカ系と

 概して、本邦も仏教芸術・建築なども経年退色毀損しているだけで、色彩の豊かなものがおおいです。

 日本の色が地味な色調に変化するのは、武家中心の世の中になってから徐々にだと思ってます。
2010/06/15 (火) 11:03:58 | URL | iChamaru #E7mICYIk[ 編集]
iChamaruさんへ
たしかに仏教関係は派手なものも多いですね。
禅宗などは質素を重んじるので、もしかしたらおとなしくなってくるのかもしれません。

クルマの色も、日本人はハッキリした色を好むと思います。
白とか、黒とか、赤とか。
256色表示のパソコンみたいに。

微妙に表現しにくい色や中間色は人気がないですよね。
逆に
ヨーロピアンは、ベージュのような色の中に無数の変化を見ることができるのでしょうか。
24bitカラーでとらえているかのように。
2010/06/16 (水) 00:50:10 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。