戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タミヤ ヤークトタイガー中期型レビュー
大久保はエゴイストだというやつは日本のサッカーのことが何もわかっていない。
それが例えオシムだとしてもだ。
フィギュア
日本は長らく「シュートおゆずりします病」に支配されてきた。(トルシェの時代やそれ以前からずっと)
これは、パス練習ばかりを重視しているとシュートを打つ責任を回避したくなる心理による。
パスを積み上げて前線まで運んできたボールを
シュートして外したときの非難と失望の責を負いたくないからである。
(ストライカーがシュートを打つことを怖がるというのは不思議に思われるかもしれないし、本人にも自覚はないかもしれない。だが、重要な試合であればあるほど、おそろしいまでのプレッシャーを受けているものだ。深層心理では、まちがいなくシュートが怖いのである)
外国人の一流ストライカーならば、ここで打つという場面でほとんどの場合、日本人プレーヤーは打たなかった。
(遠藤がひとりで左サイドを駆け上がったときもチャンスだった)
プレーの優先順位が1、パス 2、シュートなのである。
これはフィールドの全域において優先順位を逆にせねばならない。
そうした悪習を打破するプレイが大久保のシュートだった。
大久保が責められるべきは、へなちょこシュートしか打てなかったことである。
たとえゴールキーパーの予想の範囲内のシュートでも、容易には受けとめることの出来ない強烈なシュートを放つべきであった。
(まして動きの読めない公式球である。何が起こるかわからない)
このことは他のプレーヤーにも言えることで、ほとんどが体重の乗らない「腰抜けシュート」であった。
(しかも枠に入ったのはわずか3本)
30メートル級のロングシュートは、たんに全力で打ちましたというだけのエクスキューズである。
抑制が利かず、ゴールの上を通り過ぎるだけだ。
よって、ゴール付近での緊迫した場面でのシュート練習をもっと行なうべきである。
もはやアイコンタクトなどしている余裕はそのゾーンではないはずである。
ゴール前で攻め手を考えこんでいるようでは準備に欠ける。
「パターン」を(数種類)作り、全員でパターンを共有しイメージトレーニングし、考えることなく忠実に実行すればよいだけの状態にするしかない。
バリエーションは自然と生まれると思う。やろうと思っても二度と同じプレーは出来ないものだから。
選手同士の話し合いを増やすべきである。
個人の孤立が根深い。

闘莉王は多くの危機を防いだ。
スーパーファインセーブだが、全員で守っているだけでは試合には勝てない。
サッカーのように点数の入らないスポーツでは、1点取れば勝ったも同然だ。
相手が勝つためには2点を取らなければならなくなる。
デンマーク戦では、1点取れば予選通過の確率は日本にぐんと近づく。
消極的な戦法で自陣に押し込まれると失点につながりやすい。
カメルーン戦でボールキャリアとずるずるとにらめっこしたままラインを下げてしまう3番のディフェンス。
あれは最悪のディフェンスだった。
日本の一流ディフェンスプレーヤーでも相手にボールをさし上げてしまうだけのクリアしか出来ないほど余裕がない。
理由のひとつはビビっているためだ。

中村はバックパスをするために投入されたのかと錯覚してしまう出来だった。
松井があとふたり欲しい。
本田はふたりの相手プレーヤーを引きつけておくことが出来る。
おとりとして機能させるべきである。
全般的に運動量とフォローが足りない。
ボールを持ったらパス道を探す前に全力で走るべきである。
(突進力がおどろくほど欠けている)
高速で移動することがチェックを受けない最善の方法だからだ。
キャリアが苦し紛れに出すボールをフォロアは思いやりをもって迎えに行くべきだ。
相手のレベルが高ければ、パスは出せるところにしか出せないのだから。

「日本には勝利を手にするとの執念や勇気、創造力が足りなかった」ブラジル民放テレビ・グロボ
「“ウルトラ・ネガティブ”な日本は敗戦にふさわしい」英サンデー・ミラー

願わくば、以上のことがすべてデンマーク戦後には、たわごとになりますように。


ところでヤークトタイガーはどうなったのでしょう??
新しく追加された新規パーツランナーには、リベットや穴が繊細に再現されたフェンダーが付いています。
フロントフェンダー

中央部のボルト数が増えたホイールディッシュ。
ホイールディスク

エンジンハッチは対空機銃架のモールドが消え、ハッチストッパーの付いたものに変更。
エンジンハッチ
新パーツの対空機銃も付属しています。
増設アンテナの基部や、機関室上面の穴をふさぐフタ、フェンダー基部なども新規追加パーツです。

そしてなんといってもフィギュアに力が入っているように感じます。
人間らしい体幹のポーズ。
カリウス体幹

お尻のしわがこれまでにないすばらしさです。
お尻のしわ
写真は割愛しますが、オートバイ兵(こちらのモールドもいい)とオートバイも付いています。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
宮崎さんこんばんは~。

ワールドカップ観戦は、そろそろ諦めが出てくる頃ですね。

デンマーク戦は、2-0位で勝たないとヤバい気もしますが…戦うのは選手達。

結果の出せない日本人でいたいのか?勝ちたいのか?これからが勝負でしょうね。

さて、写真を拝見して久々に体幹のあるフィギュアがいますね!!(^_^)v

うつむき加減のお方ですが、背中側の写真を見ますと、首の位置が頭部と連結されており、背骨へとつながっています。
これなら、人体に近いですね。


それに比べて、腕を上げているお方は…頭部、首、上部、下部が全てばらばらになっているようで…

下部の腰はもう少し左より。背中側の首は襟が高く造られているので、ばらばらに見えるような感じがもったいない…。


上体の胸の位置は良さそうですが…惜しいかな、お臍の位置が服で誤魔化されているので、工夫するより色でウェストを作る!のもありですかね~。

なかなかどうしていい線いっているのに、もったいないですね。

2010/06/22 (火) 03:12:47 | URL | チャン家のママ #-[ 編集]
チャン家のママさんへ
ママにかかるとけっこう良くできていると思われるフィギュアでも突っ込みどころがかなりあるんですね!
指差しているフィギュアは、実在の人物オットー・カリウスを再現しています。
確かに後ろから見ると首の出方がおかしいですね。
全体のポーズは無機質なドラゴン素立ちなどと比べると、ずいぶん人間らしいと思うのです。
以前ハンスさんから指摘されていた左手で指差しもなく、右手で指差しています。
右手の重量を身体を左に傾けることで、バランスをとっているのもGOOD。
実際のカリウスは、小柄であったためフィギュアもそのあたりはしっかり再現しています。
写真ではわかりにくいのですが、胸が薄いのが気になるところではあります。
ホントにこんなに胸が薄かったのかと思ってしまいました。

デンマーク戦は、勝つか引き分けで上にあがれるのですよ。
0-0で終わる確率は低いですから
やはり1点は取る必要があると思います。
1-1か、1-0が日本に都合の良いあり得るパターンで
0-1、0-2、1-2は失望するあり得るパターンですね。
完勝して溜飲を下げてくれることを祈っています。
2010/06/22 (火) 20:35:04 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
宮崎さんレスポンス有難うございます。

確かに、胸部の薄さは疑問点ですね…。

実在のオットーカリウスのどの年齢にあたるのか…年代的に栄養面に難あり…多分、嗜みに煙草、酒もあり…決して筋肉質とはいかないような気がします。


それに、フィギュアの弱点の一つが、服でごまかすところ。


邪道ですが、いつも服の中にボディの厚さが無く、服そのものを含めたボディが体幹のあるボディに近いのかなぁ~といつも拝見していて感じますね…。

オーロラさんは、服の上からボディを削って造り込んだ方が、腕や下肢の状態が良くなるのでしょうが…それこそ邪道の極み(-_-#)フィギュアに失礼になりますものね…。

難しいですね(^_^;)
2010/06/24 (木) 02:47:14 | URL | チャン家のママ #-[ 編集]
チャン家のママさんへ
>服の中にボディの厚さが無く
これは、フィギュアの作り方を根本から変えないと再現できないのではと考えています。
まずは肉体を作る。
そこから服を被せると。

そうやって作ったフィギュアもおそらくあるはずですが、どれなんだろう。
2010/06/25 (金) 22:33:38 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。