戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンダ塗りの結果
車体色を薄めながら
おそるおそる塗ってみます。
タミヤアクリルダークイエローをホワイトで割って明度を上げた色を使いました。
(タミヤアクリルは黄色味が強いとつくづく思う)
アクリル塗料塗り
この時点では、コントラストの強い下地が残って見えています。
むむ・・・。
結局、不自然にならない程度に下地を隠蔽してしまうと
(2~3回塗り)
ほとんどパンダ塗りの効果がわからない状態になってしまいました。
これでは何のために下地に工夫したのかわかりません。
(ところがそう考えたのは早計で、出来上がってから全体を見回してみるとなんとなく華のある存在感を持つようにも感じます)
塗り完成
1、エアブラシを使えばもっと効果的な塗り方が出来るかもしれない。
2、下地のコントラストを下げて(黒をグレイに)、クリアイエローのような色で塗った方が良いかもしれない。
と新たな課題を得ることになりました。



『ウォッシング』

転んではただでは起きないということで、これまでやったことのなかったウォッシングという技法をやってみます。
「全体を洗うように色を乗せてしまったら、せっかく調色した色味が変わっちゃうじゃん」
というのがやらない理由でした。
ですが、moppuさんのこの記事
以前から興味をもっていた「みずの式ウォッシュ技法」が詳しく解説されていましたので、やってみることにしました。
で、こうなります。
ウォッシングリア
不慣れなウォッシングで汚さ満載です。
塗料の濃度が濃かったことが原因だと思います。
ウォッシングフロント
テクスチャーのしわにも入り込んで汚い印象。
それでいて残って欲しいスミにはあまり残っていませんね。
情報量は増えたので、良い方に解釈してあとの工程でリカバリーすることにしましょう。



『ウエザリングマスター迷彩法』

さらに、以前からやってみたかった迷彩の入れ方を試してみます。
タミヤウエザリングマスターで迷彩を入れたらどうなんだと思ったわけです。
それにちょうど良い色もそろっています。
Bセットの「サビ」をレッドブラウンとして
Eセットの「グリーン」をグリーンとして用います。
迷彩用ウエザリングマスター

パパッと一瞬でできてしまいました。
これまででもっとも手軽な迷彩の方法だと感じました。
筆を洗う必要さえなく、片付けもパチンと蓋を閉めて終わりです。
迷彩
弱点は、色が選べないことと、塗ったところには少しツヤが生じることです。
ダークイエロー部分にも「イエロー」を塗ることで、ウォッシングで汚くなったお肌に潤いとなめらかさを与えました。

明度比較をしてみます。
過去最大明度のヤークトタイガーと並べてみると多少は暗いのですが
思ったより沈んだ色味にならないのは、やはり下地が白だからでしょう。
悪くない雰囲気です。
明度比較
ここまでで車体色の基本塗装は終わりです。
ここからは弱点を消し、長所を伸ばし、リアリティあるディテールを追加するリカバリー工程に入ります。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして、自分はkobaと申します
いつも冒険的かつ哲学的な
技法開発と研究に熱心な姿に
関心しております!!

早速ですが「パンダ塗り」
色の重ね方も手伝ってか
かなり渋い仕上がりになったと思います上に色を重ねる方法を工夫すれば
さらによい効果が得られるいい技法では
ないでしょうか?

クリアーイエローを重ねるという
考えは自分自身も気になるので
試してみたいと思います。

また、ウエザリングマスター迷彩法は
とっても新鮮でした
エアブラシでも筆塗りでもない
新しい仕上がりですね


大したコメントは書けませんが
勝手に応援しております
2010/07/04 (日) 12:21:28 | URL | koba #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは。
ウェザリングマスターで迷彩は驚きましたが、これ塗るのは手軽そうで良いですね♪

塗料の定着が気になりますが、キャラ物と違い、ガシガシ触る訳でもないので問題ないんでしょうね。

パンダ塗りにクリヤーイエローの被せ。
これ、非常に興味があります。
レポお待ちしています♪
(って興味あるなら自分で試せよww)
2010/07/04 (日) 12:59:58 | URL | ピカ #-[ 編集]
はじめまして、kobaさん!
ご活躍は、かねてよりときどき拝見させていただいていました。
「お酢溶剤法」楽しみにしていますよ。

パンダ塗りは、最終的な結果を見てから判断した方が良さそうです。
たんに「色」の問題というよりも
下地色のちがいによる「反射」が表面の塗装色に影響を与えているようにも感じるからです。
これまで金属色を下地に塗ることが多かったのですが(もちろん剥ぎチッピングのため)、それらにくらべると下地が「白」の場合、明らかに華やかな存在感があるのです。
将来が楽しみな方法です。

>クリアーイエローを重ねる
クリアーベージュぐらいに彩度を落とした色を作れるかどうかですね。

応援ありがとうございます。
みなさんがそれぞれにチャレンジングな技法を試して記事にされることで、わたしも勇気づけられます。
2010/07/04 (日) 20:51:48 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ピカさんへ
>ウェザリングマスターで迷彩
はっきり言って、色さえ求めるものに合うならば、超オススメの方法です。
レッドブラウンには「サビ」の代わりに「赤サビ」を使う方が良いかもしれません。

迷彩で魅せる作品もありますが
迷彩は隠し味程度の作品もあります。
後者の方に適していると思います。
2010/07/04 (日) 21:00:07 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。