戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
穴を穿つ
日本語では穴(ホール)と表記することが多いようですが
英語の本を読むとクレバス(裂け目)と書いてあったりします。
形状からするとクレバスに近いような気もしますが・・・?。

さて、ヴィルベルヴィントの予備キャタピラには、本来、穴が空いているところがすべて塞がっています。
車体の前面と砲塔は、戦車の顔ともいうべき部分です。
とくに目がいくところですので、120%の力を入れて作りましょう。
予備キャタピラに穴を穿ちました。
穴を穿つ

今回は、車体内部にいつものランナー詰め込みをしておりません。
理由は三つ。
砲塔を上からのぞくと見えるから。
詰め込み過ぎて無用なたわみを発生させることが多くなってきたから。
早めに完成させることを重視しているから、です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
これは!
こ、細かすぎる…

でも塗装した際、このディティールは際立ちますね。
穴あけお疲れ様でした!
2010/07/14 (水) 18:00:09 | URL | ピカ #-[ 編集]
ピカさんへ
以前は考えられなかったような細かな工作も
模型趣味を続けていくうちに
だんだんと当たり前のような感覚になっていくものですね。
常に限界に挑み続けると、知らず知らずのうちに意識の限界が上がっていました。

工作精度も上がってくれると良いのですが
こればっかりは性格も影響するのかもしれません。
2010/07/14 (水) 22:03:37 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。