戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
排気管の塗装、新表現を模索する
排気管の錆び方に新しい表現を模索しています。
ヴィルベルヴィントでは、こんな風にしてみました。
排気管新表現最終イメージ
ベースの色は、上半分をアイアン、下をクロームシルバーです。
排気管新表現ベース

ウエザリングマスターの「青焼け」と「赤焼け」を塗ります。
排気管新表現ウエザリングマスター
スポンジ状のスティックで塗ると写真のように、どうしても大きくなりますので
アクリル溶剤をちょっと付けた筆でとって塗る方が繊細な表現ができます。

油彩もくわえてそれらしくしたつもりです。
排気管新表現油彩
のちにショッピングセンターの駐車場で大型バイクのマフラーを見て
この塗り方がうそだったことが判明。
もっと良く観察してから塗るべきだったと反省。

溶剤で溶いたパステルを飛ばします。
(歯ブラシは、毛先のとがった極細のやつがいいです)
排気管新表現パステル

パステルが乾燥したら、こすり取ります。
それらしく見えるように慎重にやってます。
上から見るとこんな感じになりました。
排気管新表現上から
上から見るときと横から見るときの表情が大きく違います。

車体に取付けてみました。
取付けた

さらに少し修正を加えました。
少し変えた
固定ベルト部分を別パーツにしておけば、もっと良くなったと思います。
反省はつぎに活かすとしましょう。
これからは四号系列をつくるたびに異なる排気管表現を試そうと思います。

新車から三ヶ月ぐらいだと、どの程度排気管の塗装は劣化するものでしょうか?
サビの少ない、きれいめの車輌を作る場合には、ぜひ検証していただきたいところです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
またまたお久しぶりです、yockeyです。
この新しい排気管の表現、おもわずモニターの前で、「マジかよ・・・」ってつぶやいてしまいました。
まさに新たな錆表現であり説得力の塊というか、語彙に乏しいため何と表現してよいか分かりませんが、そのものですね!
秋のAFVの会には出展されるのでしょうか?非常に楽しみにしています!
2010/07/18 (日) 16:26:14 | URL | yockey #-[ 編集]
yockeyさんへ
お久しぶりです!
お褒めに預かり光栄です。
もちろん出品予定ですよ。
展示会場では、展示場所にもよりますが
上から見ることが多いと思います。
この排気管は上から見ると、実物はかなりリアルなんですよ。

ただ、実物は1/35なので、この写真のように大きくないですからね。
展示会場のようなところでは、排気管ひとつがいかにリアルでも、まったく目立ちません。
過去、自分ではリアルと思う作品を持ち込んでいますが
その度に、これじゃあダメだと思うことしきりです。

yockeyさんの新作も楽しみにしていますよ。
2010/07/18 (日) 20:36:31 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
この感じは・・・
小学校の鉄棒がよくこんな感じになってますね。
錆による腐食の穴に赤錆色が残り、表面は摩擦によって赤錆は無くなった状態ですね。
2010/07/19 (月) 00:34:04 | URL | sinya9k #OARS9n6I[ 編集]
宮崎さん、暑中お見舞い申し上げます。

凄い!!
拝見していて、鳥肌ものでした!

流石に九州までは行けませんが、出展作品の仕上がり…ちょびっとづつ見せていただけると嬉しいです。


梅雨明け宣言出ましたが、お住まいの近くで豪雨などの被害は大丈夫でした?

暑さで体調崩さないようなさってください。
2010/07/19 (月) 09:49:09 | URL | チャン家のママ #-[ 編集]
鉄々しい(←造語)
こんばんは、ものすごくリアルに仕上がりましたね。
熱で状態が変化したストーリーが
頭の中に見えてきました。

>小学校の鉄棒
思わず、小学校時代を
思い出してました(笑)
それくらいイメージの中の錆びた鉄と
そっくりで、驚きました。

早速、参考にさせていただきます。

2010/07/19 (月) 21:46:15 | URL | koba #mQop/nM.[ 編集]
sinya9k さんへ
記事に書き忘れていましたが
プラスチックの下地処理は、接着剤を付けてでこぼこにしております。
2010/07/20 (火) 15:39:38 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
チャン家のママさんへ
>鳥肌ものでした
えーそうですか!?
そこまで驚いてもらえると作り甲斐がありました。
ヴィルベルヴィントは、完成までブログでリポートしますよー。
おたのしみに。
2010/07/20 (火) 15:42:35 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
kobaさんへ
ありがとうございます。
今回は、青焼け、赤焼けを入れてみたことが新しい試みです。
もっといろいろな表現があるはずなので
さらにバリエーションを増やしてみたいと思ってます。
2010/07/20 (火) 15:45:21 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
おひさです!
うそだった塗りも素晴らしい出来栄えなのですが、そこから更に先へと進まれるとは。
在り来たりの言葉ですが、流石としか言い様がないです。
最近はどうも意欲減退気味なのですが、手を動かしてみようと思う気になりました♪
2010/07/20 (火) 22:58:43 | URL | あきら式改 #z.Jczy7U[ 編集]
マフラーの左横に鉄板が溶接されたようなものがありますが、あれは何ですか?

2010/07/21 (水) 20:52:17 | URL | まる #-[ 編集]
あきら式改さんへ
ありがとうございます。
たまーにいいのが出来るとモチベーションも上がります。
逆のときは、つらい日々ですよね。
満足いくものが出来上がってこないときに
どうやってモチベーションを維持するか、
誰もが直面する課題ですね。
2010/07/21 (水) 21:37:46 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
まるさんへ
これは、砲塔旋回用の補助エンジンの排気管の穴をふさいだ跡です。
ドラゴンのキットでは再現されています。
ヴィルベルヴィントの砲塔は手動で旋回するのだそうです。
2010/07/21 (水) 21:47:07 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。