戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完成ヴィルベルヴィント
完成ヴィルベル
パンダ塗りの実験車輌、ヴィルベルヴィントが完成しました。
パンダ塗りの効果はあったのかと言われれば、上から見たときの明るさにおいて
これまで作った「リアルだけれども暗くて階調の狭いくすんだ車輌」とは一線を画すものがある(当社比)と自信をもって言えると思います。
その一方で、なんとなくリアルでないという副産物も付いているようですが・・・。

対空機関砲のカラーは、完全にお遊び。
完成対空機関砲照準機はヤークトタイガーから拝借
迷彩はグリーンの割合を砲塔のみに追加しています。
ウエザリングマスターで塗った迷彩でしたが、どのように感じられるでしょうか。
実際は、グリーンがもっとくすんだ色です。
基本的には素組ですが、プラバン、伸ばしランナーなどでディテールアップをしています。
対空機関砲や機銃はもはや技術力を競うパーツではなく
資本力を競うパーツと化しています。
手をかける必要なしと判断し、キットのパーツのままです。
ヴィルベル正面

どことなくリアルでないのは何が原因なのか注意深い検討を要します。
完成ゔぃるべまえ

ベルト式キャタのパーティングラインは、接着剤で溶かしながら消しています。
実用上問題のないレベルまでいけると思います。
ヴィルベル右側面
ジャッキも新しい塗り方を試しましたが、泥をかけたら
何がなんだか分からなくなりました。

完成ボケ

予備キャタピラの塗り方もいろいろためしました。
ウエザリングマスターの「グレー」「青焼け」を使って面白い感触を得ています。
ヴィルベル予備キャタピラ

テンションがかかるとやわらかい素材のキャタは、ゆがみが出るのが欠点でしょうか。
完成ヴィルベルうしろ
エンジンデッキ上の斧について:
キットをフツーに組み立てて、一通りの塗装をしただけでは、良くできた製品にすぎません。
「作品」と称するからには、すくなくともなんらかの作家性を付与することが必要でしょう。
オリジナリティを盛り込んだ作品は見ていて楽しいものです。
この斧もそんなもののひとつとお考えください。
「なんでこんなところに刺さってんだ」という疑問を提供しているのです。
素組でも他の誰とも違う個性を持たせるために考えた浅知恵でした。

車体下部側面の塗装も、これまでとは違った表情を試しています。
ヴィルベル2
ウエザリングマスターの「グレー」の使い道を発見したのは、今回の収穫です。
ほとんどわかりませんが、あちこちにグレーを入れています。
スプロケットの内側のファイナルギアカバーの下側に見えるのもそのひとつです。
陰色として使うと面白い表情がでると感じます。

ユーロモデラーの超絶作例を見て、正直なところを言えば
ものすごくリアルとは思わないのです。
最高にリアルではないけれども、芸術的な味というか、深みのある塗装表現にしばしば感銘を受けます。
絵画的な塗りの技術においては一歩も二歩も遅れをとっている現状に
少しでも彼らに近付きたいと工夫しているというのが
最近のわたしの流れなのですが
リアルさも失ったうえに、絵的にも追いつけていないようなので
しばし愕然とする完成の日であります。

(ただ、究極とか完璧を求めて頓挫するよりも、短期間で完成させることは、すこぶる気持ちが良いです)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
完成おめでとうございます(#^.^#)
宮崎さん!こんにちは(*^。^*)
ヴィルベルヴィントの完成、おめでとうございます。写真、記事を拝見いたしましたが、私から見たら本当に凄い作品だと思います。私も以前この戦車を作った事があるのですが、私の場合はこんなカッコよく出来ませんでした。
宮崎さんのようなオリジナリティーを出して行こうと私なりの努力はしているのですが、まだまだ技量が足りないようです(ーー;)
いまキューベルワーゲンを作っておりますので、何とか私なりの雰囲気が出るようがんばって見たいと思います。
では、これからもよろしくお願い致します。
2010/08/04 (水) 17:33:47 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
完成おめでとうございます
宮崎さんご無沙汰です。完成おめでとうございます!!

でも、文面では、何か腑に落ちないようですね…もしかしたら「華やかさ」が今ひとつ足りないと無意識下で感じてらっしゃるのではないですか?

確か「パンダ塗り」のブログアップの時に、明度の所の課題でクリアイエローを使用する?などをあげてらっしゃいましたよね。

多分…迷彩色のメリハリがパンダ塗り効果とかみ合いきれていないのか…もと感じ、クリアイエローが要かな…と写真を拝見して私的ですが感じました。

宮崎モデルの格好いい!と感じる点は、①重厚感あるリアリズム②華のある迷彩調色③存在感のでる作り込みなどですよね。

「華」の出し方が作り込みよりも弱かったのかも知れませんね。

それでも、宮崎さんの戦車は格好いいこれからも「すげー!!格好いい」と感動モノを見せて欲しいチャンママです。楽しみにしております。
2010/08/04 (水) 23:15:31 | URL | チャン家のママ #-[ 編集]
完成おめでとうございます!
砲塔部の塗装がお遊びと言われても、門外漢の自分には普通に(格好えぇ!!)と思ってしまいます。
これからも期待しています。
製作お疲れ様でした!
2010/08/05 (木) 19:45:39 | URL | ピカ #-[ 編集]
すごいです!
>リアルさも失ったうえに、絵的にも追いつけていないようなので
しばし愕然とする完成の日であります。

こう書かれてしまうとコメントしづらいのですが・・・
かなり押さえ気味のチッピングでここまで表現できたら私なら大満足です!
履帯もとてもベルトとは思えません。私は塗装にあまり自信が無いのでついついディティールアップパーツに頼ってしまいます。
2010/08/05 (木) 21:24:08 | URL | Hyatt #-[ 編集]
かおりさんへ
ありがとうございます!

いつも完成記事は自嘲気味な内容になってしまうんです。
あれもこれもと理想のイメージとのギャップに開きを感じるからなのでしょう。

工作では、とにかく「うすうす攻撃」をしています。
でも、かおりさんには細部にこだわらない、もっと違う方向で模型を楽しんで欲しいなと思っています。
キューベルも小さなキットで
細かい部品も多いのではないかと思いますが、頑張ってくださいね。
2010/08/05 (木) 22:39:46 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
チャン家のママさんへ
>「華やかさ」が今ひとつ足りない
アクセントカラーも入れていないですからねー。
なんとなく全体のメリハリがないですね。
リアルな樹木を作る技術があれば
カモフラージュ用の木を付けたかったのです。

>クリアイエローが要かな
わたしは逆に、タミヤのダークイエローの黄色みの強さが、なんだかうるさく野暮ったいと感じていて
もっと白っぽいグレーに振ったらどうかなと思っているのです。

>宮崎さんの戦車は格好いい
ありがとうございます!
女性に褒められる、これサイコーです。
2010/08/05 (木) 22:50:10 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ピカさんへ
ありがとうございます!
本来は、対空機関砲もダークイエローで塗られているのですが
模型的な見栄えと面白さを優先してみました。
これがアクセントと言えばアクセントなんですが、あまりに自然なので
アクセントになってないんです(汗)。
2010/08/05 (木) 23:07:39 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
Hyatt さんへ
>すごいです!
ありがとうございます!

>押さえ気味のチッピング
そうですね、サビの出るようなチッピングは今回、ほとんど入れませんでしたね。
下地が白であるのは、入れようと積極的に思えなかった理由のひとつです。

>履帯
わたしも塗装はいつも苦労しています。
ここぞという時には
精度の高いカステンを用いたいです。
2010/08/05 (木) 23:09:21 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。