戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラス
ヴィルベルヴィントの完成状態のように
「ただ作っただけ」
では、いかにディテールアップをしていても作品としての魅力に乏しいですね。
人々を魅了する創意工夫をもっと盛り込んで仕上げたいものです。

エンジンデッキに突き立てられた斧だけでは
まだまだ不足でした。
そこで、カラスです。
カラス
クルッププロッツェ用にカラスの製作を練習しているところでしたので
試しに一羽を塗り上げてみました。
なにかのフィギュアキットに付属していた既製品です。
モデリングチゼルなどを使って、毛羽立たせると良いようです。
カラス2
もっとやった方が良かったみたいですね。
下の写真では模型然としています。
カラス3
キットのままでは、目も少し大きすぎたようです。

フラットブラックをベースに、ウエザリングマスターの青焼けや油彩のウルトラマリンディープなどを使いましたが、油彩はミグ・ヒメネスさんがエナメル溶剤で溶いて使っていましたので
理由も分からず真似てみました。
やってみても、あまりに小さい面積だったためかよくわからないのですが
想像するに乾燥が早くなるのでしょうか??

遠目にほとんど黒に見えればよいカラスは、鳥の中では難易度が低いです。
それでいて死を暗示させることもできるアイテムとして
人間を作りたくないわたしとしては有用度が高いと思いました(笑)。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
素朴な質問
 どうでも良いことなんですけれど・・・・。

 ヨーロッパのカラスって、日本のカラスと同じものなのでしょうか?(・_・)

 ・・・このままでは、この疑問が頭を離れず夜も眠れなくなりそうです。(^_^;)
2010/08/26 (木) 14:07:30 | URL | iChamaru #GV3LfJa6[ 編集]
ヨーロッパのカラスは
その点については、わたしも夜眠れませんでした。
ですが、イソップ物語にカラスも出てくるので
ヨーロッパにもいるのは間違いないですね。
でも、クワガタムシのように
ほとんどの種類が東南アジアに集中し
ヨーロッパでは、ヨーロッパミヤマクワガタぐらいしかいないという例もありますので
少し調べてみました。
カラスの呼び名は、寒い地域でも暖かい地域でも世界中にあるみたいです。
http://www.tekiro.main.jp/?eid=176860

ついでに世界中でのカラスの鳴声の擬音です。
http://ushi8.com/mau/design2/animals/crow.html
カラスという名前は、鳴声がもとになって付けられているようですね。

そして、北欧でも見られるというカラスの種類です。
http://ameblo.jp/kattsingen/entry-10297540981.html
寒い北欧にもいるくらいですから
それより南のヨーロッパには同じようなのがいるんじゃないでしょうか?

2010/08/26 (木) 21:23:27 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ヨーロッパのカラスつづき
スイスのカラス
https://iiiro.jp/blog/himajin/104353.html
色がちがうじゃねえか!

ワタリガラスというのは、かなり広範囲にいるようです。
http://damecorbeau.seesaa.net/article/25234232.html
ワタリガラスは、crowという小型のカラスではなくravenという大型のカラスのようです。

イギリスのカラス?
http://maalie.blogspot.com/2008/09/ornithological-idioms-eating-crow.html

すこしグレーの入ったスウェーデンのカラス。
http://notesfromthenorthjames.blogspot.com/2009/09/once-gypsy.html

2010/08/26 (木) 21:24:47 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ドイツのカラス
カラスに餌をやるドイツ戦車兵。
http://plaza.rakuten.co.jp/realistmodeler/diary/200802270000/

ドイツのカラス
http://blogs.yahoo.co.jp/imokokartoffel/19591643.html

ドイツのイエガラス
http://photozou.jp/photo/show/269134/30278831

ヨーロッパのカラスには、ブルー系の色を使うより、グレー系を入れた方が無難なようです。

カラスが入っているキットは
タミヤのドイツ戦車兵小休止セットでしたね!
http://plaza.rakuten.co.jp/shun0331/diary/200603150000/
2010/08/26 (木) 21:25:21 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
よく眠れました。
 おかげさまでよく眠れました。(^_^;)

 五十年近く生きてても、知らないことが多いものです。
2010/08/28 (土) 15:32:31 | URL | iChamaru #E7mICYIk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。