戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャノンコンペ、画像送信しました
先ほど、応募作品の送信を終えました。
大きさが720pxlでということなのですが
ちょっと小さいので、こまかな情報が読み取れるのか心配です。
ここでは、応募に使わなかった画像を大きめでご紹介します。
ろくいちしき
時間が足りなかった(計画性の無さ故)というのが正直なところ。
まあ、みなさん同じような状況だったとは思いますが(笑)。

今回は、「丁寧な作業」とか「深く考え抜いて理論的に汚す」ことの重要性を痛感しました。
あわててバタバタやっても、いいものは出来ないです。
撮影にも10日ぐらい欲しかったところ。
天候とか、空の表情とかいろいろ思い通りにならない条件もありますからね。
花火も用意していましたし、LEDライトも用意していたのですが。
00000000
ベースも既存のものを用いましたが、狭すぎでした。
新規に広大なものを作る予定も狂いました。
塗り直したザクの色も大失敗。
もとのプラの色とほとんど変わらないことが分かったのは撮影終わったあとモニタで見てから(笑)。
空気褪色を表現して遠近感を出すつもりだったのに・・。
0000011
とりあえずは、こんなものでしょう。
ヘタなのは笑われるだけですみますが
間に合わないのは軽蔑されますから。

あと100時間いただければ、2倍以上すごい画像提出できますよ(ハッタリ)。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
踏み逃げばかりで申し訳ございませんでした。
かっちょいいいい
本物みたい!!感動しました。

陸の王者の実力を見ろ!!
とばかりにザクを圧倒した感じがいいです。

2010/11/10 (水) 22:58:12 | URL | わんこ #-[ 編集]
おひさしぶりです、わんこさん
ありがとうございます。
もっと時間があれば、100倍リアルにできたんですけどね(負け惜しみ)。
とりあえず、楽しんでいただけて幸いです。
2010/11/11 (木) 00:20:20 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
これはまたリアルですね!
まるで「実車」のごとく、宮崎さんの真骨頂を観たおもいです。
考証とか堅苦しい事を考えないで、イメージのおもむくままに、未来の戦車の形態を楽しむのも(これはある意味、危険な思想かもしれないけど、それはまぁ・・・)楽しみの一種ですよね。
私も作りたいなぁ。
E100のコンペも写真なので、野外ロケを考えていて、良い撮影場所を探していたりしてます。
2010/11/11 (木) 00:20:36 | URL | dickermax #X.NmPtlw[ 編集]
いやぁ~~!!凄いっ!
圧倒されましたよ、、、、滝汗!
さすが「神筆師」です!!
もう、何も言うことがないのですが、ただただ、画像に見入っちゃってます、、、、
素晴らしいですね、、、、
(久しぶりに心が震えました!!)
大砲とはかくあるべき!、、を、見せていただきましたよ!!
完成おめでとうございます!
2010/11/11 (木) 05:55:27 | URL | 兄さん #-[ 編集]
作成お疲れ様でした!
自分もコンペに応募してるんですが、宮崎さんが出るとは思わずAFV関係を選んでしまったことをやや後悔していますw

自分では及びもつかないリアルさなのですが、車体汚れとキャタピラ汚れが同じ調子で単調なリアルさをうっすら感じました、偉そうにすみません。
現用戦車(的)に良いアイキャッチって何なんでしょうねえ……。
2010/11/11 (木) 09:57:56 | URL | 池田 #LKQ.kB96[ 編集]
脚に弾が当たってるのが(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウンと思いました>ザク。

あと100時間て・・・。
その執念の方に唖然ですw。
2010/11/11 (木) 10:26:39 | URL | purejam #-[ 編集]
大迫力
おはようございます。
相変わらずすさまじい迫力ですね!
なんというか「白」の使い方が非常にお上手という印象を受けました。

最近いろいろなサイトで神業的な作例を見るにつけ、そのような作品を作られる方はみなさん「白色」の使い方がうまいという印象をうけるのですが、気のせいでしょうか?
2010/11/11 (木) 10:34:54 | URL | yockey #-[ 編集]
dickermaxさんへ
ありがとうございます!
自分ではイマイチと思っていたのですが
みなさんに良く言っていただけると、なんとなく自信も出てくるから不思議です。

今回は明度的に明るいほうのレンジで
微妙な階調で細かな情報量を加えることができて、そこがリアルさにつながったと思います。
でもアクセントや、追加装備などまだまだどれだけでも時間は欲しいところでした。
それをやっていないところに後ろめたさがあるんですよねえ。

野外ロケでは、
散歩中の老人たち、不倫カップル、暇人などにじろじろみられながら
時間に追われて必死で撮影しました。
目があった人から「何をされているんですか?」と言われ
「いや・・あ、遊びです」(恥ずかしー!!)
と言うのが精一杯でしたよ。
仕事を午前中休んで撮影してたんで
こいつ昼間っからなにやってんだと思われたことでしょう(笑)。
2010/11/11 (木) 15:55:56 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
n兄さんへ
ありがとうございます!
アラが多くて、お恥ずかしい限り。
なんとか間にあって良かったです。
って!?あれ?
締め切りが1日延びてる!!
そ、そんなあー。

>「神筆師」
神竿師になりたいところです!
2010/11/11 (木) 16:01:28 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
池田さんへ
ありがとうございます。

>車体汚れとキャタピラ汚れが同じ調子で単調
さすが!するどいご指摘。
撮影前日の夜、泥パステルをぶっかけてアグアリング。
表情を整えるのは朝になってからバタバタとやったものですから、十分な考察が行き届いていない箇所が多々あります。
普通は、再度ピンウォッシュすべき部分もそのままになっていたりします。

アイキャッチも効果的なものを探したのですが、わからずじまいで省略です(笑)。
現代戦車では、ブルーシートとか白いシート、強い赤のプライマー色、ホワイトのパーツなどが
海外モデラーの作例で見られますね。
まだ他にもきっとあると思いますよ。
2010/11/11 (木) 16:13:37 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
purejamさんへ
ザクは腹痛で寝ているだけかも(笑)。
もっと彩度を落として塗りたかったところです。

>あと100時間
遠慮したのですが、もっとやってもいいですか。
2010/11/11 (木) 16:29:15 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
yockeyさんへ
ありがとうございます。

>「白」の使い方
そこがポイントです。
目の付けどころがちがいますね。
白と黒は重要な色ですよね。

水スプレー法とベース色のスポンジチッピング、そしてドット粉砕法(塗料の飛沫の丸い付着をカッターの先などで分解する)を用いて細かな表情が生まれています。
2010/11/11 (木) 16:39:55 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
始めまして一瞬、本物かと思ってしまいました。
表面の退色感は見入ってしまいました。。。


2010/11/11 (木) 22:24:10 | URL | 京華@kyoka2 #-[ 編集]
よっこらしょっと
手をかけ上によじ上りたくなりますね二枚目の写真!
それにしても目の前に存在しているかの様、大きさ忘れます。
お疲れさまでした、21日が楽しみです(^ ^)
モールドの細かい所は仕上げるのも簡単なんですよね、塗料が凹凸に従順してくれるから。
しかし宮崎さんの作品でいつも思うのは広い面の処理、何も無い広い面なのに情報量が多いというのは驚異です!
2010/11/12 (金) 08:23:49 | URL | ヤタ #-[ 編集]
また離された・・・
目指してる方向性が似てると言うことで
ずっと宮崎さんの後を必死に追いかけて
やっと背中が見えてきたかな?と思ったら・・・

この写真を見たとき「すげー」という感想じゃなくて
なにかショックを受けましたよ。

今までは「嘘の形」を消して本物の形に
直すことでリアルに見せてきましたが、
つい最近「嘘の形」であろうが
テクスチャーやウエザリングなどの情報量で
その嘘の形のままリアルに見せることができる
というのを発見したところだったんですが・・・
それがこの作品ではすでに完成形として
できあがっちゃっている。

ううう・・・
また先を越されてしまった・・・。

いつかお互いの作品を持ち寄って
じっくりとお話を伺いたいです。
前から思ってたことですが、
今回またあらためて強く思いました。

これは絶対実物を見たいっ!
2010/11/12 (金) 09:25:40 | URL | あに #V8JG6pNI[ 編集]
完成おめでとうございます!
凄まじい作業スピードですね♪
塗装も流石の仕上がりだと思いますが、宮崎さん的には納得されていないご様子…。
締切がありますし、中々思い通りには行きませんが、確実に1つ完成品が出来るので、自分はコンペにはガンガン参加する事にしました。

あとは公開を待つばかりですね。
製作お疲れ様でした!
2010/11/12 (金) 22:05:32 | URL | ピカ #-[ 編集]
ヤタさんへ
いらっしゃいませ!
広い面こそ楽なんですよ。
パーツが取れたりしないので。
油彩を使うようになってから、細かい書き込みは驚異的に楽になりました。
2010/11/12 (金) 23:17:08 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
あにさんへ
不思議なんですよ。
慌てて塗って、自分ではつねにネガティブなイメージを持っていたのです。
ブログの記事も自嘲気味に推移していますし。
それなりに出来たかなと思ったところで
泥色のパステルをぶっかけて寝て、
撮影当日の朝に見るとせっかく描き込んだ情報も消えたり、パネルラインのシャープさも消えたりで、またまた寝ぼけた印象に逆戻り。
慌てて復旧処理して、そのまま撮影。
撮影から帰ってパソコンのモニタで見た最初の印象も
「ちぇ、やっぱりたいした写真は撮れてないや」
だったのです。

皆さんがあんまり評価してくださるんで、
「え???」
となり、
「そう言われれば、フツーのガンプラの写真とかと比べればリアルに振れてるかなあ」
「細かな情報量は、段違いに入ってるし、ちょっと自信もってもいいのかな」
みたいな気持に変わっていきました。

ですが、やっぱり手元にある模型としては
やはり現状ではたいしたことないように思います。
あにさんが思っているほどは良くないです。
もうちょっと手を入れたら、良くなるでしょう。

お互いに切磋琢磨できて、ありがたいしうれしいですね。
感謝感謝。
2010/11/12 (金) 23:43:25 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ピカさんへ
ありがとうございます。
こんなに落ち着かないキモチで塗ったのは初めてでした(笑)。
締め切りも1日フェイントがかかっていましたし。
参加することに意義がある程度の作品しか作れなくって、くさっていたのです。

>コンペにはガンガン参加する
それもひとつのあり方ですよね。
前に進み続ける限り、なにかしら発見がありますからね!
2010/11/12 (金) 23:50:25 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
始めまして
昔からブログを拝見させて頂いておりました。今回も素晴らしいですね。
色々と勉強させて頂いております。
今まで、このブログの使い方が今まで良く解からず、見させて頂くだけでしたが、これから、ちょくちょくお邪魔させて頂いて宜しいでしょうか?宜しくお願い致します。
2010/11/13 (土) 03:10:53 | URL | しげしげ #-[ 編集]
はじめまして、京華@kyoka2さん!
返事の順番をまちがってしまい申しわけございません。

>一瞬、本物かと
ありがとうございます。
理想は、どんなに見つめてもホンモノに見える模型です。
2010/11/13 (土) 09:51:16 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
はじめまして、しげしげさん!
しげしげさんのこだわりを関心を持って見させていただきました。
共通する考え方も多く、これから議論も出来そうな内容なので期待しています。
こちらこそよろしく。
2010/11/13 (土) 10:01:09 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
完成おめでとうございます
こんにちは、記事をアップされてから
時間がたってしまいましたが
作品の完成おめでとうございます。

過去の記事を拝見させていただくと
水スプレー法にてアクリル塗料を
重ねるのに苦労されたようですが

装甲の表面に緻密な色の変化と
違和感のない退色感が生まれて
いい意味で変化に富んだおもしろい
仕上がりになったんではないかと個人的に思っております。

また、「コントラストを低くしたパンダ塗り」は
見事に成功したんじゃないでしょうか?
パネルラインの影の落とし方、キューポラリング下の
影などが非常にリアルで、

さらにフェンダー下の車体と車体上部の
明暗の違いにいたっては自然な仕上がりでありながら
メリハリがあり単調さを感じさせませんね

まさに本物そっくりです!!

次回更新も楽しみにしてますね
では、失礼します
2010/11/13 (土) 16:09:57 | URL | koba #mQop/nM.[ 編集]
kobaさんへ
ありがとうございます。

いやー、kobaさんは、うまくなるでしょうね。
的確な分析、そのとおりです。
現象をきちんと言語化して的確に認識されているあたり将来性を感じずにはいられません。
人間の思考は言語によって規定されますので
感覚的にとらえているだけでは
ほんとうに理解したことにはならないからです。
技法などにいちいち名前をつけているのもそのためです。
筆先でゴチャゴチャしているうちに偶然出来ちゃったというのは誰にもあることですが、それをそのままにしておくと、個人的経験で終わってしまいます。
モデラー間での共有知識として蓄積することが全体としてのレベルアップに必要なんですね。
みんなでユーロモデラーの鼻を明かしてやろうぜ!!
2010/11/14 (日) 11:09:52 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
はじめまして
キャノンコンペに私も参戦したのですが、
出走直前にこちらの61式を見てしまい、
うわぁ、やべぇ。。。と。

塗装が剥がれかけた建造物や、錆び付いたガードレール、うす汚れ退色した重機など、デジカメに撮ってはいつか模型に投影したいと思っているのですが、そういったものが模型の表面に具現化されているような気がしてうなりました。

すごいよいものを見させていただきました。
ありがとうございます。
2010/11/22 (月) 22:12:24 | URL | やすぅ♪ #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして、やすぅ♪さん
やすぅ♪さんは、61式戦車ベースのガンタンクを製作されていた方ですね。
http://chiba-shibori.com/yasuu/yasuu.html
すごい発想で、ガンプラ系モデラーの方の想像力の豊かさを感じます。
バックショットがかっこいい。
戦車部分のカラーリングも斬新で、非常に新鮮に感じました。

キャノンコンペに参加してみて
100名を超える参加者の発想の豊かさにぶっとびましたね。
新鮮な刺激を受けました。
2010/11/23 (火) 19:41:08 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。