戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行くかもどるか
エアブラシを使わないカラーモジュレーション法を試してみました。
「これがカラーモジュレーションか?!」
と思われることでしょう。
ドイツのギャン
目的はそうだったのですが、結果は「・・・・・」ですね。
さて、このまま進めるのか、それとも塗装を落としてやり直すか、
思案のしどころです。
過去の経験では、最初は丁寧に、端正に仕上げて
あとからだんだんと崩していく方が成功していると思います。
とりあえず、ここまでの流れをおさらいしておきます。
メタルカラーのステンレスを塗りました。
ステンレス塗り

一面ずつ作業しますが、アクリル溶剤を塗っておきます。
溶剤塗り

ホワイトを塗ります。これがもっとも明るい色になります。
ホワイト塗り

調色しておいたグリーンを塗ります。
急いで、中間部分を筆を変えて混色させながらぼかしていきます。
グリーン塗り
ここがキモだったのですが、美しく自然なグラデーションとは言いがたいものになりました。

砲塔の下半分を、より濃い色のオリーブグリーンで塗りました。
オリーブグリーン塗り
そして内部を原色のレッドで塗った状態が、最初の写真です。
ここから油彩のフィルタリングを重ねて明度差をなめらかにすることができるのでしょうか。
その状態は素敵な仕上がりになるのでしょうか。

ウエザリングマスターを塗ってシュミレーションしてみます。
右側がウエザリングマスターのグリーンだけを塗った状態。
左側がそれからさらにイエローを重ねた状態。
ウエザリングマスター塗り

赤い部分には、ウエザリングマスターの赤サビを塗り込んでみます。
リアルと印象
表面のぶつぶつが情報量を増やし悪くない感じです。
ですが、肉眼ではとてもそこまで見えません。
展示会などではなおさらこまかいところまで目が届かないのです。

肉眼で見てリアルでないものが、写真に撮ってリアルに見えることはありません。
ですが、細かい部分でリアルに仕上げたミクロリアルな作品は
何かの仕掛けをしないと印象的とは言いがたく
じつに面白味のない作品でもあるのです。
展示会などで、70センチの台の上に置くと1メートルほどの距離から見下ろされますが、その距離からでもアピールできる作品にすることを目指しています。
(これは35倍換算で、35メートルの距離から見ているのと同じですよ)
前回のAFVの会でも、一般に受けが良かった(他のブログなどで紹介されていた)のはヤークトタイガーよりもチハとかエレファントですからね。
何年も前からの苦悩は、そこにあるのです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
オストウインドですかね?
プロセスが順不同という事は、処理の順番を当てるクイズなのかな?

私は普段は黒から立ち上げて、コーナーの埃溜まりすらフラットアースの塗り残しで済ましてしまう「手抜きペインター」なので、複雑過ぎてさっぱり手順が解かりません・・・・。
2010/11/20 (土) 15:39:07 | URL | しげしげ #-[ 編集]
しげしげさんへ
こんにちは!
プロセス当てクイズかと思われたのですね。
ははは、記事を書く時間がとれなくて
写真だけを先行アップロードしたものだったのです(汗)。
2010/11/20 (土) 18:45:51 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
宮式CM法ですか!
こんばんは!
いつも筆一本であらゆることに挑戦する宮崎さんの研究心にはいつもながら敬服いたします。
また、そこがこのブログのおおいなる魅力のひとつでもありますよね。
いくか戻るか悩まれず、どんどん突き進んで行ってください!

私もAdamのDVDを参考にCM法を学んでいますが、欧米の絵画がそうであるようにアレはやはモニターを通して観察するものではなく、視聴者が模型の前で直接観察している、「展示」を大前提としたテクニックであることを再認識いたしました。
2010/11/20 (土) 19:10:35 | URL | yockey #-[ 編集]
yockeyさんへ
おはようございます。
かれらの人を魅了できる作品を作るテクニックは半端じゃないですね。
おそらくすぐれた画家でもあるのでしょう
深みやエンターテイメント性を上手にリアルと融合させていると感じています。

オストの砲塔はしばらくながめる日々を通して
どうするか考えてみます。
2010/11/21 (日) 07:29:00 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/22 (月) 21:51:57 | | #[ 編集]
僕は今回のこの塗装法、完全一致ではないですが、かなり近いやり方を「無意識に」やっている気がしますw。

各工程を「意識的に」行うことで偶然を必然にすることができるのは、分かっているんですけどw。

あ、僕はヤークトタイガーが一番好きでしたよ。
僕のブログでは、自分の拙い写真では、その良さが伝わらないと思ったので
エレファントをメインに紹介させていただきましたけどw。

2010/11/23 (火) 08:40:17 | URL | purejam #-[ 編集]
purejamさんへ
いらっしゃいませ、purejamさん。
>かなり近いやり方を「無意識に」やっている
いろんな経験値を蓄えてらっしゃるでしょうね。
人間すぐ忘れちゃうんで、書き留めておいた方がよろしいですよ。

>ヤークトタイガーが一番好きでした
おお、そうでしたか!
そいつはうれしい!
やっぱ、手持ち撮影でマイクロリアルを写しとることは、原則むずかしいということでしょうね。
デジカメも進歩してるので、よほど高感度に強くなれば撮れるようになるかもしれません。
2010/11/23 (火) 19:49:02 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
戻ってください(笑)
Youtubeで外人さんのカラーモジュレーションを見ましたが

へえー、筆でですか。

キモとなる部分、やっぱ難しいですよね。

キャノンコンペは「fg」サイトより飛んで
行ってきました。

撮影方法ではまったく負けてませんね。
やっぱ日光・屋外で撮影するとリアリティが違います。

現在、作業机(椅子)に座ることが出来ないくらいに荷物が満載状態なので
がんばって片付けて再開しまっス!
2010/11/26 (金) 11:09:22 | URL | malpacino #-[ 編集]
筆ですか
宮崎さん、筆塗りは難しいですね…。

拝読していて、宮崎さんのチハや撮影写真、塗装などをあっちこっちと再度拝見させていただきましたよ~。(-o-;)

今更ながら、宮崎さんの塗装は難しい部類に入る技術ですね。

白の領域の広さが狭い為CMになりにくくなっていると感じました。白自体もグラデーションを薄めに塗装しておくのも、あり…?ですかね…。

宮崎さんワールドは、ある意味謎解きワールドですね(笑)
2010/11/28 (日) 02:31:57 | URL | チャン家のママ #-[ 編集]
malpacinoさんへ
帰ってきましたー。
あ~(あくび)。
長いこと寝てましたよ(笑)。

カラーモジュレーションは、あまりわざとらしくそれと分かると
不自然さも増大しますので
無意識に訴えかけるくらいの自然な色の変化が求められるのですが
やはりそれはエアブラシの得意分野ですね。

>撮影方法
ありがとうございます。
とはいえ、たんに人目を気にせず野外で撮影できる勇気だけが求められるんですがね(笑)。

malpacinoさんの再開を待っています。
2010/11/28 (日) 12:33:04 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
チャン家のママさんへ
いらっしゃいませ、チャン家のママさん。
>謎解きワールド

そのときそのときで、いろいろ考えながらやっていたら
いつの間にか複雑系の塗装にはまってました。
同じことを繰り返さないよう
毎回新しいチャレンジを組み合わせていますので
けっこう自分でも混乱してます(笑)。

ただ、みんなに普及する技術というのは
基本、簡単であることが求められます。
再現性に難のある技術は
みんなが出来ないですからね。

どこかで、統合整理して単純化することも視野に入れなければならないと考えています。
2010/11/28 (日) 12:40:24 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。