戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/100遠景用ザク
61式戦車の写真に同時登場させる予定だったザクをリペイントしました。
1/35と1/100を同じ絵に写し込むのですから
このザクは遠景用であり、本来は近くで見てはいけないものです。
そういう作りですし、そういう塗りですから(笑)。
ザク遠景「かげろうでよく見えないなあ」
これが本来の見え方になりますね。

ザク左側面
遠景用の製作にあたっては、童心に帰ってパーツはランナーからむしり取ります。(←ここ重要)
ゲート処理はしてはいけません。(←ここ重要)
煙とザク撃破された瞬間の図
先を急いで、パパッと組み立てます。
仮組なんかしてはいけません。(←ここ重要)
組み上がったら「でけた!」と叫びます。(←ここ重要)
ザク頭

ザク
そして塗装にはいりますが、ちょっとだけ本気モードのスイッチを入れます。
カチッ。
とはいえ、遠景用なのでギアはローで大丈夫。
基本的には、遠くのものなので「鮮やかな色にしないこと」に注意し
彩度を低く(グレーを混ぜる)明るく(白を混ぜる)することですべての色に対処しています。(←ここ重要)

缶スプレーのグレー(上から)やブラック(下から)を吹いてみたり
油彩のグリーン系でフィルタリングしました。
経験値を上げるためにマシーネン塗り的なこねこねも試してみました。
油彩をねり込んでパーツの合わせ目を目立たなくすることが出来ると知りました。(なんじゃそりゃ)
マースイエローでサビを流したり
ホワイトやホワイトに近いグレーでスポンジチッピング。
機体色に近いグリーンでもスポンジチッピングすることで、不自然な部分を緩和します。
ザク右サイド
カラーモジュレーション法の実験も取り入れました。
このことでわたしの感じたカラーモジュレーションの神髄は
「スケールのでかいドライブラシ」
ということです。
ドライブラシがディテールを浮かび上がらせることを目的化した方法だと規定すると(ほんとうはそうではないらしいですが)、カラーモジュレーションは模型全体の構成面に明暗差のあるグラデーションをつけ模型全体を浮かび上がらせる効果をねらったものではないでしょうか。
巨大な筆でキットの角を中心にドライブラシをかけると同じような効果が得られるかと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
おおおー! 見える見える、コレは比較対象が無くてもデカイ物体に見えますよー!

手法とカメラの設定を是非教えて頂きたい所です!
2010/11/28 (日) 16:48:59 | URL | 池田 #LKQ.kB96[ 編集]
これは凄いですね。
模型製作もそうですが、撮影技術も半端ないですよ。
自然光での撮影は自分もやってみたいのですが、野外での模型撮影という状況を人に見られるのがネックになっています...
2010/11/28 (日) 20:44:59 | URL | あきら式改 #z.Jczy7U[ 編集]
本物
流石、宮崎さん!お見事ですね!!

ザクが「本物」に見える~~~!拝見していて、感激しております!!本格的でえぇ写真やわぁ~!

私的には、被写解深度がとっても気になりますね(笑)
2010/11/29 (月) 12:41:19 | URL | チャン家のママ #-[ 編集]
池田さんへ
まず、煙はヘビ花火というやつをザクの向こう側に置いて撮影したものです。
何枚も撮影し、煙がうまく回った一枚を紹介しています。

カメラの設定ですが、カメラの機種によってまるで違う絵が出てくるので
基本的にはご自分のカメラをいじくりまわして適切な設定を探すのがいちばん良いと思います。
とりあえず今回はキヤノンA720isで撮影しました。
基本設定は
ISO80
ホワイトバランス カスタム
画質 スーパーファイン
サイズ ラージ3264*2448
カスタムカラー コントラスト-1 シャープネス+2 色の濃さ-1

絞り優先モードでF8.0 ときどきF7.1に変更
マクロモード
セルフタイマー2秒にして
三脚またはベースに直接置いて撮影します。
ベースに直接置いたときカメラの角度は下に何かを挟んで調節。

冬の午後、太陽が傾きかけた中で撮影したので
わずかに色合いが暖色系に傾いています。
2010/11/29 (月) 14:34:13 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
あきら式改さんへ
いつかみんなで撮影会をやりたいですね。
一人だと心細いですが、いかつい男が何人か集まると、むこうから避けてくれますよ、たぶん。
2010/11/29 (月) 14:36:46 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
チャン家のママさんへ
被写界深度は、やはり最高に絞っても(F8.0)どうしてもボケる部分は出てきてしまいます。
2センチぐらいに近接して撮影すると、迫力も出てすばらしいのですが
ボケがひどくなってしまいますので
今回は20~30センチ離れたところから撮影しました。
そして撮影後にトリミング(切り取り)して
ボケている部分を外したり
背景に変なものが写り込んでいるものを排除したり
できるだけ良い構図になるように工夫しています。
同じ角度で7~10枚撮影しますが
ほとんどの写真はボツです。

ザクの写真は
ほとんど仁王立ちのオレ様ポーズばかりなので、物足りなく感じていました。
天の邪鬼なわたしとしてはカウンターカルチャーとして
かっこいい兵器に対する無邪気な憧ればかりではない作り方をしたいところですね。
感激していただき感激です。
2010/11/29 (月) 14:56:30 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
「スケールのでかいドライブラシ」ってよくわかります!
僕が前回コメントしたことは、
ドライブラシを自分なりにあれこれと工夫しながらやっていますもので、、、。

書き留めることで、忘れないだけでなく、頭の中を整理できるので、前回のアドバイス,実行していきます!
2010/11/29 (月) 15:56:44 | URL | purejam #-[ 編集]
こんばんは!
1枚目の写真、砂漠の遠い向こうで倒れているザクであることが一見して分かります。
おそらくなんの説明がなくても1枚目の写真を出すだけで「あ、砂漠の遠くでザクが倒れてる」と認識させる撮影技術・塗装技術に憧れます。

CM法についてですが、以前宮崎さんが試されていた「パンダ塗装」と通ずるものがあると思うのですが、このザクの塗装はCM法のエッセンスが加わった
「パンダ塗装ネオ」
ということになりますね~。
2010/11/29 (月) 21:20:10 | URL | yockey #-[ 編集]
おーっ!リアル!
(←ここ重要)にも泣きましたw

女房がね、「私も作ろうかな?」ってんで、で72スケールのキット買って、予備の工具一式貸したんですよ。
そしたら、左右にゲートの付いた転輪、クリクリと回してモギるんですよ、ニッパー貸して使い方教えてるのに。

私「ちょ、ちょっと・・・・」
女房「え?プラモデルってこうやってモギるものじゃないの?」
私「う、うん、まあ、本来はそういうものだよね・・・。」

私もね、今のを完成させたらね、タミヤMMの一桁台でもヤフオクで落としてね、「モギりモデリング」やろうかと思ってます。工具なんて厳禁!バリは歯でかじる!塗装は当時のプラカラーなんて無いから、クレオスのラッカーの筆塗りのみ!リターダー混ぜるなんて姑息な手段無用!
当然、人様には見せられないような代物になるんでしょうけど、イーんです、自分が楽しめれば。
2010/12/01 (水) 19:47:48 | URL | しげしげ #-[ 編集]
purejam さんへ
こんばんは!
いつの日かpurejamさんの実験的な試みが実を結び、すばらしい作品が拝見できることを期待いたしております。
2010/12/01 (水) 20:08:12 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
yockeyさんへ
こんばんは!
ありがとうございます。
パンダ塗装ネオですか!
そうですね、今回はそうしておきましょうか。
でも
これからは、二値化したパンダ塗りをさらに進化させて(パンダ塗りも完全には成功させてないですが汗)
グレースケール塗りを導入する予定ですよ。
2010/12/01 (水) 20:18:44 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
しげしげさんへ
こんばんは!
おーっ!バリは歯でかじりますか、正統派ですねー。
その次はたしか、外へだーっと走って行って
コンクリートにこすりつけてゲート処理でしたよね?

チューブ入りの接着剤で指紋だらけにするのも作法のひとつですもんね。

どこに付けるのか分からない部品をランナーに残さないと叱られたっけ。

完成品は爆竹で木っ端みじんにして大団円。
ははは・・・。
2010/12/01 (水) 20:31:04 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
楽しいですね~
宮崎さん何だか楽しそうに製作したり写真を撮ったり、そして爆竹で~・・・で本来のプラモのあり方、遊び方を思い出しましたよ。

それにしてもいつもながら架空のモノが現実にある様な存在感でビックリです。
反面、現実にあったエレファントがゴッホ塗りで仕上げられている。

恐竜は派手な色をしてたんだよ~的なエレファントには本当に驚きました!

固定観念をすて新たなモノにチャレンジするのは作品として仕上げるのも大変ですしアイデアがね~っと何時も羨ましく思っています。
2010/12/02 (木) 08:18:53 | URL | ハンス #-[ 編集]
ハンスさんへ
アイディアは・・・
要は、遊びですからね。
おもしろそう、って思ったことをやってみることじゃないでしょうか。
クリエイティビティって、遊びだと思います。

あんまりやり過ぎて眉をしかめてらっしゃる方もいるんじゃないでしょうか。
そんな中で、温かく受けとめていただけるハンスさんには感謝しております。

アイディアだけは、いろいろと浮かぶんです。
たとえば、
遠くから見るとダークイエローベースの三色迷彩。だけど、近くで見ると原色の点の集まりという「スーラ塗り」。
ジョルジュ・スーラの視覚混合理論を実践した点描画をAFVの塗装に取り入れ展示会などでアッと言わせる作戦とか、

「闇夜のカラス塗り」これは・・・・・(秘密)・・・・・とか。

それにしても「水スプレー法」は、大発明でしたね!
これは使える技法ですよ!
2010/12/02 (木) 20:58:55 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
お久しぶりです
宮崎さん!お久しぶりです。
ご無沙汰ばかりしていて、申し訳ありませんでした。
宮崎さんの作品を先月号のAMで拝見し、懐かしく思っておりました。
私は今年の後半実家の母の入院や、夫婦でこじらせた風邪ため、なかなか模型作りをしていませんでした。
最近やっと落ち着き、少しずつですが模型製作を始めました。
またお邪魔したいと思いますので、よろしくお願いいたします。
ところで私はガンダムはさっぱり分からないのですが、宮崎さんの作られたザク、とてもカッコいいと思います。
今静岡では静岡ホビーフェアと言うのが開催されていて、原寸大のガンダムが展示されていると話題になっています。
まだ私は出かけていないのですが、
出かけたときにガンダムの勉強も少ししてきたいと思います。
では、これからもよろしくお願いいたします。
2010/12/03 (金) 16:51:20 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
御無沙汰致しております。
遅れ馳せながらキャノンコンペ、先程拝見させて頂きました。
作品はそれはもう皆様が仰るように素晴らしい仕上がりで暫く画像に見入ってしまいました…。
兎に角、存在感のある作品ですね。
塗装も勿論ですが撮影技術も驚愕のレベルで色々と考えさせられました。こういう風景、こういう雰囲気を表現するのだという明確なイメージを維持していないとここまでのものは表現できないですね。

ザクと製作されていたガンダムの手も此方で補完されていて、これまた素晴らしい出来映え(勿論ネタも楽しませて頂きました 笑)

正に眼福です。
2010/12/03 (金) 22:09:09 | URL | いさな. #-[ 編集]
かおりさんへ
いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます。
先月号に載っていたのですね。どんなかたちで掲載されていたのか知りたい気もします。

コメントは残していませんでしたが
かおりさんのブログは読ませていただいてました。
じつはわたしの妻も胆石で手術をし、胆嚢も取っていますのでお母様の状況もご心配されることもよく共感できました。
あとに控えている手術が成功することをお祈りしています。
かおりさんも心労から体調を崩されたようなので、栄養のあるものをとりながら少しずつ回復をされることを願っています。
タミヤフェアに行くなんて、ちょっと無謀かなとも思ってましてハラハラしていましたよ。
今後も体調に気をつけてくださいね。
2010/12/05 (日) 00:19:49 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
いさな. さんへ
いらしゃいませ。
こちらこそご無沙汰です。

>撮影技術も驚愕のレベル
ありがとうございます! って、自分ではそんなに大それたことをしているつもりはないのですが・・・。
誰だって同じような写真に出来るのでは?たぶん。
そんなにむずかしく考えなくても大丈夫なはずですよ。
たしかにイメージはあらかじめ持っていることは間違いないです。


製作の途中までは半べそかいてあきらめかけてました(笑)。
時間がなくって。
「参加することに意義があるレベルで終わってしまうのかあ」
「AFV界を代表しているようなものなのに、情けないことよ」とほほ・・・。
だったのです。
みなさんが奇跡を起こしてくれたのかもしれません。
気に入った写真が撮れていないと感じていたのに、不思議なことです。

コメントありがとうございました。
いさな.さんの製作の健闘をお祈りしています。
2010/12/05 (日) 00:35:07 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
いやぁ、これはスゴイ!
全盛期の遺物と化そうとしている
MG1.0がここまでのモノに見えるとは!
しかも、遠景に配置するため
ディティールやキホン処理すらしてないというのにここまで見える。
61式も宮崎さんかあのスペインのあの人が作ってくれないかな~?
と思っていたところで拝めましたし、さらにこのザクでトドメをさされました。

やはり模型は工作も大事だけど’魅せる’部分は塗装にあると実感しました。
では、またPCの背景に写真をちょうだいいたします。(藁)

2010/12/05 (日) 14:15:49 | URL | チアキ・バチスタ!! #-[ 編集]
チアキさんへ
こんばんはチアキさん!
そんなにスゴイスゴイって祭り上げられると困ってしまいますよ。
本気の1/60を買いに走って、塗ってみせたくなっちゃうじゃないですか。
チアキさんのトップページのザクもすごいんですけど。

工作が大事であることは間違いがない。
でも、それだけで終わってしまい塗装をおろそかにすると工作が台無しになってしまうと思うんです。
やっぱり両輪の輪ですね。

モデラーはみんな基本、作るのが好きな人たちだと思います。
でも作るほうばかりで塗装をおろそかにした結果、
AFV界では海外モデラーに塗装技術で大きく差をつけられてしまいました。
ガンプラは日本の独壇場でしょうが、
1/100や1/144での塗装にも、まだ新たな地平があるかもしれませんね。

2010/12/05 (日) 23:19:32 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
うお! でかい!!
2014/10/13 (月) 06:16:50 | URL | sub #-[ 編集]
subさんへ
撮影した当時は、満足していましたが、
現在の目で見るとまだまだですね(汗)。
ありがとうございます!
2014/10/16 (木) 19:40:07 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。