戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肌色の研究
造形五号を黒立ち上げにて塗ってみます。
造形五号

ここまでは四回目の塗りと同じです。
下地が黒の場合は、かなり塗料を厚く置かないと透過して黒っぽくなってしまいます。
この結果から、下地はグリーングレイあたりが良いのではないかと思いました。
造形五号四回目塗り

デッキタンXF55と XF74 OD色(陸上自衛隊)を混色した色で
黒っぽい部分を塗りつぶします。
これはかなり緑色がかっていて、「こんな色を塗って大丈夫か!?」と不安になるものの
塗ってみると、案外、違和感がなくて驚きます。
造形五号緑入れ
この先もっと塗ってさらに仕上げたいという欲求はあるものの
フィギュアの塗装に関してまったく蓄積を持っていない状態ですので
このままにしておいて、一目で何をどうしたのかわかる状態にします。
(血まみれになりながらも笑っているというのが戦場の狂気を表現するのにぴったりだと思ったのですが(笑)。
どうせフィギュアを作るならば、人間でなければ表現できないものを表現させたいですね。やはり人間(フィギュア)には存在としてのパワーがありますよ。それを1/35に落とし込めるのか、不確定要素はあるのですが、高いところを目指してみます)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。