戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼんやり系とくっきり系
汚しの手法をぼんやり系とくっきり系という捉え方で分けて考えてみました。

エアブラシによるプレシェーディングや境界をぼかした塗分け、
油彩での各種フィルター塗装、ドッティング、
雨だれやサビをぼかして入れること、
ドライブラシによる各種の表現、etc.がぼんやり系の代表的な手法だと思います。

なめらかなグラデーションは、基本的に美しさを感じさせる要素であるため
比較的安全に情報を付加することができる手法だと思います。
欠点は、それらだけで完結してしまうとぼんやりした印象になることでしょうか。
それゆえ
通常は、スミ入れで引き締め、チッピングでアクセントを入れることがなされます。

従来の手法に反旗を翻すわたしとしましては(笑)、
どちらかといえば、くっきり系の汚しを多用し三突を塗りました。
今回はっきりと認識したのは、くっきり系の汚しばかりだと、
あるレベルを超えた時点であきらかに「キタナイ」印象を与えるようになることです。
くっきり系
雑然とし、落ち着かない要素が増えてきます。
「なるほどねー」
次は、ぼんやり系の手法も勉強してみたいと思いました。


東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト
2

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
最近リンクを辿って到達しまして、公開されてる作品眺めさせてもらってます。
ぼく自身プラモは全く作らないのですが、凄腕の方たちの作品見て感心してます。
特に金属の特性をよく捉えた汚しとか、損傷/劣化表現など、写真によっては実写かと見紛う作品が多く、非常に刺激になっています。

この作品がどうのというわけではないのですが、今後の作品で是非「雨に濡れた車体」も見てみたいです。色が濃くなるので写真映えしづらいのかもしれませんが、小雨とか遮蔽物の陰で部分的に濡れる、みたいなのがあったら良いなと思いました。鋳物と鋼板溶接で造られる重厚な戦車は、雨音を感じられるようなシチュエーションも萌えだなと無責任にも妄想しております。
天井(空)がない世界での表現としてはハードル高いのかもしれませんネ・・・

以上一見さんの身分で失礼しました。
2011/03/31 (木) 08:55:02 | URL | ひげ #-[ 編集]
はじめまして、ひげさん!
コメントありがとうございます。
モデラーでない一般の方に見てもらえることは、たいへんな喜びです。
貴重な意見が伺えるので、こちらとしましても有意義です。

凄腕のみなさんの作品は、ほんとうにすばらしいものが多く、いつも自分の至らなさに打ちのめされるような気がしています。
実物を見られると、その小ささにもっと驚かれるかもしれませんよ。
1/16サイズの大きな戦車模型だと、ほとんどのモデラーが実物に見えるものを作れてしまうと思います。
1/35で本物に見せようとしているから苦労しているのだと思っています。

>雨に濡れた車体
これはおそらく誰もが考えているであろう課題です。
やはりその表現のむずかしさから二の足を踏んでいるモデラーが多いと思います。
知るかぎりでは、邦人さんのタイガーが濡れた車体の乾きかける作品ですばらしい成果を残されています。(http://homepage3.nifty.com/AFV_model/ のContentsのなかにあるPz.Kpfw.? The First Tiger 07年12月22日製作)

降りかけた雨に濡れる車体は、いつか挑戦してみたい課題ですね。
土砂降りのジオラマも狙い目だと思っています。
2011/03/31 (木) 19:38:13 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
度々すみません・・・
教えて頂いたリンク見て来ましたが、相当な出来ですね。
「乾き途中」な雨垂れとか、躯体の傾斜に合わせて重力の影響にウソが無い感じで驚きです。
お二方の作品もはや「スモールライト」の域ですね。

今後も追いかけてみようと思います。
頑張ってください。
2011/04/01 (金) 09:59:40 | URL | ひげ #-[ 編集]
ひげさんへ
ありがとうございます。
がんばります。

2011/04/03 (日) 23:03:24 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。