戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の憂鬱
菜の花は咲き誇っているというのに・・・・。
サクラは満開だというのに・・・・・。


人はなぜ生きるのでしょうか?

「生きていれば時々、楽しいことがあるからじゃねーの」
                by フーテンの寅さん

何時間もかけて手を入れているにもかかわらず、
さしたる変化も見られず
満足感に乏しい今日この頃。
ときどき




東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト
2
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
宮崎さんのように破天荒?とも言えるタイプの作家でさえ「迷い」みたいな事もあるんですねぇ。
いえ、文面からそう察したのですが・・・
たぶん天才型の作家はそういった「行き詰まり感」みたいなものに襲われるのでしょうか・・・

私のような「写実」タイプの人間でもスランプは度々襲ってきます。
まぁ、素晴らしい作品を観るのが一番の特効薬ですが、なかなかそういうのにお眼にかかれないのが残念です・・・
13日発売のMA社のタイガー本が今のところ楽しみなのですが、はたして・・・
2011/04/11 (月) 03:18:23 | URL | dickermax #X.NmPtlw[ 編集]
スランプ
コメントありがとうございます。

震災ムードが、重くのしかかって
なんとなく心が晴れないというのがひとつにはあります。

ブログを始めて以来、大きなスランプは一回、
小さなスランプは数知れずと
順風満帆のように見せながらバックグラウンドではけっこう苦しんでます(笑)。

腰を据えて、感動を与えることができるような作品に取組むことが必要ですが
だんだんプレッシャーも強く感じるようになってきています。
ブログで紹介しながら集中力を切らさないで作るのは至難のわざ。
写真を撮ったりすると、どうしてもリズムがこわれますから。
むずかしいですねー。

>タイガー本
ラング本が、とても良くできていたので
期待が持てますよね。

2011/04/12 (火) 18:52:40 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。