戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お見合い
セイラ・マスのフィギュアが、コアファイター付きで
発売されていました。
この手の記事は震災以降は自粛していたのですが
行ってしまいましょう。
さあ、どんなセイラさんなのでしょう。
箱絵



人間離れした超絶プロポーションのセイラさんです。
セイラ全身

顔はちゃんとタカビーしています。
セイラアップ「ふん、軟弱者!」

セイラ後ろ

わたしの作ったガーリャとの比較。
ソビエトの戦車は内部が狭く身長制限がありますので、ガーリャの設定身長は165センチです。
ガーリヤと比較
かなりセイラさんは大柄になりますね。


人形的キャラクターモデルから
本物の人間のスケールモデルに直すべく鋭意改造中。
ちょっと色気が出てきましたぞ!
ますますいいオンナ

ますますセイラ後ろ姿

ハモン「そんな小娘のどこが良くって? 
   ちょいとドイツの兵隊さん、あたくしの方が魅力的でしょ?」
ハモンと比較

「はいっ、セイラさんの勝ちです」
セイラの勝ち



『恋愛経済学』(勝間和代著 扶桑社)にはこうあります。

『私は常々、「恋愛は経済活動の一部」なのではなく、「恋愛が経済活動の上位概念」なのだと思っています。
経済活動が、恋愛の一部であると考えているわけです。』

男と女の事柄について研究していると、当然たどりつく同じような帰結です。
わたしはエロが日本を救うと常々思っています。
愛が日本を救うと言っても同義なのですが当たり前すぎておもしろくないので、このように言います。
少子化を本気で止める政策を猛然と施さないかぎり
日本の沈没はまぬがれないからです。
外国人労働者に助けてもらっても、日本人が増えなければどうしようもありません。
外国人労働者とその子孫が日本の人口の八割を超えるようになってしまった未来の日本を想像してみてください。
どんな日本でしょう。
10年後、15年後の東北震災地域を担うのは、子どもたちです。
跡継ぎのいない老人ばかりの過疎の町なら、復興の意味さえ危うくなってしまうのです。

前掲書のなかで勝間さんは、古い制度、日本のシステム、古い規範が原因なのだとしています。
政治でなんとかできるものなら早くなんとかしてほしいと切に願います。
わたしは個人の努力でできることを訴え続けます。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
初めまして
初めまして、根生ともうします。

恋愛が経済活動の上位概念ということにとても同感です。生物としての人間を考えると遺伝子の継承と繁栄はその存在の最も重要な目的でもあるわけですからね。他人(や政府)にお節介を焼かれなければ遺伝子の継承や拡大もできないなんて、すでに生物として欠陥品なのかもしれませんね。

ありゃりゃ、プラモと関係の無い話に食いついちゃってすみません。でも私もプラモ日記というブログをやっているモデラーなんですよ。
2011/04/13 (水) 10:22:01 | URL | 根生 #f889ooI.[ 編集]
はじめまして、根生さん!
コメントありがとうございます。
模型マトリックスの救世主ネオさん、もしくは
豪速製作王マシンガンの根生さんですね。
製作スピードの速さと立て続けにとどまることなく次の作品に取組まれる姿勢に驚かされています。

>すでに生物として欠陥品
都市化が進んで、人間の家畜化もだんだん進んでますからね。
「草食系」というのは、女性から主導権を取り戻すためのたんなるポーズではないかと疑っていました。
「欲しいんでしょv-238
「いや、オラぜんぜん欲しくねえ」
みたいな。
でも、もしほんとうに興味がないのだとしたら、それは戦略的に失敗ですね。
ヤラなければ子孫が残らないので、次世代に残るのはヤリたい人たちの遺伝子ばかりになるのは自明です。

2011/04/13 (水) 22:23:17 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
お久です~
少子化については同じような危機感を持っています。子供らの同級生の殆どが一人っ子という状況をみていると、本当に危機的状況と思ってしまいます。

>>政治でなんとかできるものなら早くなんとかしてほしいと切に願います
子ども手当とか高校無償化とか現政権は以前と違った方法を一応行って来ましたけど、否定意見が圧倒的に多いのは何故なんでしょうか(自分もあまりいい方法だとは思いませんけど)
もはや老齢化が進みすぎて、子供を持てる世代は少数派になってしまったのかもしれません。

>>この手の記事は震災以降は自粛していたのですが
いえいえ、西日本の我々がいつのも日常生活を行わないとこの国は持ちませんよ。
お互い出来る範囲で消費していきましょう。
2011/04/20 (水) 00:41:13 | URL | あきら式改 #z.Jczy7U[ 編集]
あきら式改さんへ
コメントありがとうございます。

少子化は、子どもを産む女性の絶対数の減少と晩婚化で拍車がかかってますね。
子どもを小学校に入れるとき、かつて自分の小学生時代には7クラスとか8クラスとかあった一学年が2クラスになるか3クラスになるかギリギリの生徒数でしたので、愕然としました。
「これは将来たいへんなことになるぞ」と。
人というのは消費活動の担い手なので人口が半分なれば、モノもサービスも半分しか売れなくなると背筋に冷たいものが走ったのを覚えています。
でも、もう現実になってますね。
内需の減少はかなり以前(平成9年)から少しずつ始まってます。
(一例:年間統計の規模推移を参照 http://www.jcsa.gr.jp/figures/index.html#figures03


子ども手当や高校無償化が人気がないのは不思議ですね。
たんに民主党に否定的な意見だけが声高に取り上げられているのかもしれませんが。

勝間和代『恋愛経済学』によれば

『今の日本でいうなら、「女性が離婚後、結婚してはいけない期間180日」という規定もなくしたほうがいいし、名前も男女同性と別姓を選べた方がいいし、子供もなるべく社会全体が育てるように制度を変えたほうがいいでしょう。
保育園に対する超過需要がこれだけ長期にわたって放置されているのは、市場機能がまったく働いていないわけですから、さっさと保幼一体化をして、保育というビジネスを自由化したほうがいいでしょう。高校までの授業料無償化は当然として、大学も国公立は学部卒ぐらいまではほぼ無料で行けるようにしたらいいのです。
これらはヨーロッパの一部の成熟した国では試みられていることです。ケーススタディとしては、いまのところ、これ以外の答えが見つかっていません。現時点でベストプラクティスというなら、とりあえず、それに従ってさっさとまねしてしまえばいいと思います』

ということです。

2011/04/22 (金) 09:11:57 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。