戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタレリ エレファント 「インフェルノ」完成
「目に見えるものだけが評価対象のすべてなのだろうか?」

このエレファントは目に見えるものを重視して作りました。
ホワイト

ダイナミックな色彩、コントラストが見所です。
水彩

それゆえに微小レベルでのリアリティは足りていないように思っています。
後部
両立は考えているよりもむずかしいものでした。
あまり細かいところまで描き込もうとすれば、中距離域(肉眼でなんとなく眺める距離)でのおもしろさが失われてしまうのです。

撮影していておもしろいのは、どこまで拡大しても破綻を見せないようなリアリティをもつ模型の方ですね。
映像表現の世界では、そんな作品を撮影すると撮影者は神になることができます。
モデルを自在に操って、実物では撮影できないような絵を求めることができるのです。
夕焼け

逆さ

くろ

「狂気のエレファント」と比較してどちらが奇天烈でしょうか。
比較
子どもからは「そんな色じゃすぐに見つかってしまうでしょ」と言われました。
素人には、色がいちばんに目に入るようです。
また同時に素人にいちばんわかりやすい価値はリアリティでもあるようです。
ホームセンターで中学時代の友人にばったり出会いました。
「ときどきブログを見てるんだけど、あれは模型の写真しか載せてないの? ホンモノに見えるときがあるんだけど」と、
そのことにいちばん衝撃を受けているようでした。






東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト
2

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
エレファント完成おめでとうございます~!!
しかし、毎回ですが、唖然とする塗りあがりにため息が出ます、、、、
あたかも実写を見るがごとくなのですが、、、、ゴイスー杉!汗汗
(さすが神塗り師!)
ところで、「あげは」へのコメントならびに第1子誕生へのお祝いコメントいただき、ありがとうございました~!!
正直、アゲハ完成時には、既に娘のことで頭がいっぱいで、模型どころではなかったのですが、なかなかこちらに来ることができず、申し訳ございません、、、、
現在、だいぶ落ち着いてきましたので、またちょくちょく遊びに来させていただきますねぇ~~!
ホント、宮崎さんにまでお祝いいただけて、凄く嬉しいです!!あざす!
2011/04/23 (土) 20:34:43 | URL | 兄さん #-[ 編集]
ご無沙汰しております。

エレファント完成おめでとうございます!
砲周辺の色と車体の下側の色の対比が強烈ですね。
思わず眼を奪われました。

毎回楽しみにしています。

製作お疲れ様でした!
2011/04/24 (日) 08:55:21 | URL | ピカ #-[ 編集]
兄さんへ
ありがとうございまーす。

ご挨拶が遅れて申しわけありませんでした。
ゆっくり書き込む時間がなくて、遅れてしまったのですが、けっきょく大したことも書けませんで<(; ^ ー^) 。

それにしても、あんなものをカタチにできる製作力ってすごいですね。
気が遠くなりそうです。

2011/04/24 (日) 15:50:12 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
ピカさんへ
ありがとうございます!

ダークイエローである部分は、ほぼ黄色の原色ですからね。
コントラスト強烈です。

表現手法のケーススタディとして様々なやり方に挑戦してみたいですね。

ピカさんのリカード楽しみにしています。
わたしグラージ持ってますからね。
2011/04/24 (日) 15:58:08 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
光沢感が
こんにちは!
エレファント完成、おめでとうございます。
今回も油彩メインの塗装でしょうか?
毎回宮崎さんの塗装に関してツヤのコントロールというか、独特の光沢感に感動させられてしまいます。
AFVの会にこちらのエレファントは出展なさるのでしょうか?おそらく会場では昨年の狂気のエレファントと同じくらいとても眼を引く作品になりそうですね!
2011/04/25 (月) 16:54:25 | URL | yockey #-[ 編集]
表裏一体、天国と地獄
今晩は宮崎さん。

これは~私にはどう評価して良いものやら・・・(汗)

地獄の様に焼け爛れた車体上部、その下には天国の花畑が見える。

地獄があるから天国があるのか、
天国があるから地獄があるのか、

そう対比するモノがなければ片手落ち!
ど~だ見てみろ俺の表現を!と作品が
訴えかけていますね~。

何だかんだ申しましても、
私には理解できない世界、
まずは完成おめでとう御座いま~す。
で良かったのかもです。・・・(汗)
2011/04/27 (水) 00:07:06 | URL | ハンス #-[ 編集]
yockeyさんへ
ありがとうございます。

車体色の黄色の部分は油彩メインです。
車体下部のサビは、タミヤアクリル、パステル、油彩のコンビネーションです。

今回表面にはラッカースプレーのツヤ消しクリアをかけてみました。
ツヤのムラが塗ったところと塗ってないところで明確に分かれていたため、
統一させました。
水性ツヤ消しクリアでもよかったのですが
何か変化が起こるのだろうか?と
おもいまして。
印象として、湿潤感がほんの少し生まれたようです。
その後部分的に色をのせたところもありますが、のせていないところが多いです。

表面の反射は、光源の強さに影響されることも多いですね。

2011/04/27 (水) 06:34:32 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
ハンスさんへ
理解に苦しむものにさえコメントいただけるなんて、ありがとうございます。

お花畑、天国と地獄、まさに的確にイメージをとらえた言葉だと思いました。

今回のアウトプットは一般の感覚からしたら「?」でしょうね。
5年ぐらい経つと変わるかもしれませんが。
2011/04/27 (水) 06:43:15 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
お久しぶりで御座います。
遅ればせながらエレファント完成、おめでとう御座います!!

今回もとてもクォリティの高い質感や発色は
ため息の出るほど素晴らしい仕上がりですね…思わず見入ってしまいました。
本当に物凄いと思います。

奇抜に思える色彩も使いようによっては
現実の物と見紛う表現が可能なのですね。
2011/05/10 (火) 11:50:03 | URL | いさな. #-[ 編集]
いさな.さんへ
ありがとうございます!

ため息が出ます?
未知の領域に踏み込みまくっていますので
以前ほど自信満々で作れてないのですよね。
そんなふうに思って見てくださる方がいるだけで、作った甲斐がありました。

2011/05/11 (水) 07:43:32 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。