戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BT-42十日目 タイムアウト
30日の深夜、タイムアウトにてBT-42完成しました。
さすがに十日間で仕上げなければ時短モデリングとは言えないだろうと判断。
一週間で出来るかと考えていたのは甘かったです。
とくに塗装に入ってからはぐっとペースダウン。
乾燥に時間のかかる油彩は極力使わないように心掛け、
使う場合は最後にもってきました。
どの段階でも考え込まないように注意し、どんどん進めることだけを心掛けました。
既存技術の集積だけだと、これぐらいの時間で出来る目安になりました。
改造などを加えると、またペースダウンしそうです。
bt42完成

あら探しをしてネガティブの修正を繰返しても
それだけでは全体としての魅力アップにつながらないと感じました。
bt42完成2
微小レベルでのリアリティは拡大写真でわかるだけで、遠目にはほとんど変化が感じられないからです。
bt42完成3
離れて見るときの第一印象は、迷彩の配色、彩度、明度、コントラストなどでほとんど決まってしまうのではないかと思えます。
bt42完成4

厚化粧の美人といった出来上がりの印象だと思います。
美人だけど「塗りたくった」ね!と。
bt42完成5
実車のシャープさには、この塗装法では遠く及びません。

以上、時短モデリングにチャレンジした感想でした。




東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト
2

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
アマチュアである自由と制限
こんにちは。

今回は時短モデリングがメインテーマだったのですね。
本職の傍らに模型を趣味として嗜む我々にとって、いかに模型製作の時間を作るか、また、いかに限られた時間を有効に利用するかというのは非常に大きな命題の一つですよね。
MigさんのCM法はごく短時間で魅力的な基本塗装を仕上げることができるからあれだけ広く浸透していったのではないかと思います。
しかし、CM法を施したからといって、Migさんが作ったような模型のように仕上がるのかというと、そうでもない。

おおざっぱな言い方ですが、結局は基本塗装後の処理が模型の出来栄えや、個性を大きく左右するのではないかなと考えてしまいます。
モデラーのスキルやセンスはキットを仕上げることや、基本塗装にあるのではなく、油彩・エナメル塗料・パステルワークによる微妙な「色彩調整感覚」にあるのでは・・・と考えてしまいます。
2011/07/31 (日) 19:31:02 | URL | yockey #-[ 編集]
yockeyさんへ
こんばんは、
コメントありがとうございます!

ここのところ完成から遠ざかっていましたので、自分をプッシュして素早く完成までもっていきたいと思いました。

>基本塗装後の処理

たしかに基本塗装をしただけでは、まったくオモチャのようにしか見えませんよね。
その後の処理でなんとかしているのは、あきらかです。
重要な塗装のポイントです。

ただ、まったく汚しなしの新車状態でホンモノにみえるようなブルドーザーの作品を見たことがあり、汚しに頼らずに仕上げる道も確実にあると信じています。

また、全体の印象は基本塗装色が
決めてしまうと感じましたので、これもまた重要なように思いました。

2011/08/01 (月) 01:39:05 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。