戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完成トランぺッター128センチ砲without防盾
完成いたしました。
一般用サビ止め塗料の色を利用して塗ってみた128ミリ砲です。
kannseik44
シャアが見たら「これはわたしが使う」とわがままを言い出すに違いないほどの「赤さ」です。
完成k44

kanseik44
満足できる出来とは言い兼ねるのですが、さりとてどうすればよいかもわからない。
行き詰まって終局を迎えました。(毎度のことですが(笑))
kanseik442




東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト
2

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
確かにシャアが乗りそうな機体ですね(笑
大戦末期な感じがしてとてもかっこいいです。
塗料がもうないから最低限で出しちゃおうみたいな。
毎日巡回させていただいてます。
2011/08/17 (水) 14:19:10 | URL | 中学生モデラー #TlAUmk6c[ 編集]
中学生モデラーさんへ
コメントありがとうございます。

毎日巡回とは、ありがたいことです。
記事が追いつかず、青色吐息ですが(笑)。

おっしゃる通り、完成前に出撃させられてる状態です。
それにしてはいやに汚れていますが。
2011/08/18 (木) 01:02:36 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
砲耳が
特に素晴らしい。
ラフな表面と、閉鎖器の銀の滑らかさの対比が、「これが金属である」という感じを醸し出していますねえ。
他の部分も、艶のある塗装なのに金属感だ出てますよ。埃だまりはグレーが正解、現実の埃だまりもグレーですからね。
俯瞰でみた時のインパクトは、やっぱり記号性ですね、戦車の場合は弾痕とかが効果的でしょうけど、大砲の場合は、「落書き」辺りかなあ・・・。ただ、俯瞰インパクトを狙って記号性のあるものを表現すると、あざとさや狙いが見え易いんで、クローズアップに集中するのも潔くて良いかもしれませんね。単なる形状認識の為の道具としての模型を超えた物を宮崎さんのそれにはいつも感じます。
2011/08/18 (木) 14:13:10 | URL | しげしげ #J7hbGmQg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/18 (木) 18:25:28 | | #[ 編集]
しげしげさんへ
コメントありがとうございます。
いつもながらの的確な解説、深い読みの視点など参考になります。

自分で思うマイナスポイントは
タイヤのゴムっぽさや、接地面の砂をかんだ感じの質感が出ていなかったところです。
最後にパステルを被せたはずだったんですが・・・?
どうしてツヤがあるように写っちゃったのだろう。

おっしゃるように、らくがきや生産時のメモ書きなどを入れれば
さらにおもしろいですね。
2011/08/18 (木) 22:35:51 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。