戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーダーオチキス キャタピラ
マーダーオチキスのキャタピラを組んでみたザーマス。
スプロケットには噛まないし、けっこう難物だったザーマス。
マーダーオチキスキャタピラ
以前、このキットはそれほど悪くないようなことを書いたザーマスが、
パーフェクトな仕上がりを求めるには無理がある難物キットでごザーマした。

組み付けるのに精一杯で、もはや取り外して塗装など不可能ザマしたので、
組んだまま初めて塗装したザーマス。
(フェンダーとゼロクリアランスなので、垂らした表現をしたら抜き取ることができない)
塗装色は、タミヤアクリルの新色、ダークアイアン(履帯色)ザーマスよ。
もちろん、塗装前に
キサゲなどで接地面を削っているザーマスし、
接地面のみメタルカラーステンレスで塗装しているザーマス。
その後、マースイエローで一発フィルターをかましたザーマスね。

組み付け精度が悪くて(ヘタなだけなんですが)、
ひさびさに無力感を感じたザーマス。
夢や理想を追う過程には、いろんな障害があるものザーマスね。



成底ゆう子 ふるさとからの声

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
気になりませんよ。
私の場合、組みつけに不満足な場合、

「キャタピラの転輪からはみ出した部分の上面側面底面ゼーンブ、強制的にペーパーで削って均してしまいますw」

その後で、

「ドライブラシじゃなくて、デタラメブラシをかけます。」

ドライブラシをかけると、形状の不均一さがバレルでしょ?だから、ドライブラシで出た線をぶった切るようにデタラメに逆の色のブラシを誤魔化すように場所を選んでかける。
視覚的に、何が何だか解らなくなって、でも何となく汚れてるみたいな。

極端に幅が広くて白いドライブラシの上にチッピングを被せるのも同様の効果が得られます、直線が出すぎてリアル感が損なわれる場合に、ユーロ系のモデラーさんが良くやる手法ですよね。ユーロさん達は、隅までしつこくドライブラシをかけて、

「最外部のドライブラシの線をチッピングでかき消す」

という手法を良く使っている印象がありますね、そうすると、ドライブラシの不自然さを誤魔化す事が出来る。

遠近感が圧縮されて、異様にコッテリ感が出てしまいますけどね、あれも味ですよね。
2011/10/13 (木) 02:51:19 | URL | しげしげ #-[ 編集]
しげしげさんへ
コメントありがとうございます。

>転輪からはみ出した部分の上面側面底面ゼーンブ、強制的にペーパーで削って均してしまいます

け、けっこう荒技ですね・・汗。

今回思ったのですが、キャタの精度が悪い場合、
キャタを一直線に並べてから
流し込み接着剤を流す方法ではなく、
ひとつひとつを繋げる時点で接着剤を付けていった方が良いように思いました。

組み付け中に、バラバラになってくることほど
やりにくいことはありませんから。

アラの目立ちにくい写真にしてますから
あまり気にならないですが(笑)、
別売りの可動式キャタピラが欲しくなります。

>デタラメブラシ

ドライブラシもほとんど興味なく
スルーしていた技術ですので、デタラメブラシの実例がどんなものか、
雰囲気は想像できますが、実際の作例ではどんなものなのか見てみたい部分です。
「最外部のドライブラシの線をチッピングでかき消す」実例も合わせて
よくわかる写真のリンクを教えていただければ幸いです。

2011/10/16 (日) 01:09:24 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。