戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラング完成
『ブルガリアの空の下(もと)』と題して作った青空変調の実験作です。
ラング野外

この奇抜で、過去に例のない変な塗装が展示会において
「どのように変に見えるか」あるいは「それほど変に見えないか」
が関心の焦点でした。
また、「人はこれをどのように解釈し評価するのか」
にも興味がありました。(ほとんどどのブログにも取り上げられていないようです(泣)。それにしても、九州AFVの会関連の記事は極端に少ないですね。カメラをお持ちの方は多かったのですが。)
ラングブルガリア
yockeyさんの記事で『ほんと青いんですが、あまり違和感を感じませんでした。』という感想をいただいています。
これほどまでに描きまくった変な青色の入った戦車でも、
意外に違和感を感じなかったというのは重要な示唆です。
もっと表現を洗練すれば、「イケルんじゃないか」と感じました。
つまり、リアリティとも齟齬を生じずに、個性と特徴をもたせて展示会場でも存在を主張することができるかもしれないというわけです。
この方向でも今後、数作以上はトライしてみたいですね。

新しい表現の技法として、カラーモジュレーション的ハイライトの表現に
パステルを使いました。「パステルハイライト法」
ラング上面
ハイライトというのは光の乱反射なわけです。
乱反射は、きらきらと光るのですが、そこに宝石を密集させたような粒状感があります。
それをパステルの粉っぽさで表現したらどうなのという試みです。

その他、見ればわかるのですが、ベースを青に塗ってから車体色ダークグリーンをかぶせています。
発色やボケあじのやりやすさを考慮してのことです。

キャタピラの重力垂れ下がり表現は、たんなるグニャグニャのS字カーブにならないよう注意して、上部転輪の位置を中心としてスポンジで押さえました。
ラングキャタヤマ

ソフィアの展示車輌に見られる湾曲したキャタピララックを再現してみました。
ラングキャタピララック

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
これは絵画やね
2012/02/21 (火) 03:48:45 | URL | ひろし #-[ 編集]
はじめまして!ひろしさん
コメントありがとうございます!

その通り!きわめて絵画的な塗り方です(笑)。
スペイン系のモデラーは、絵画の伝統をプラモデルの塗装に積極的に導入しています。
最終的にどのあたりまでが許されるのか?
違和感を感じない範囲は?
たんに慣れの問題なのか?

興味が尽きません(笑)。
2012/02/21 (火) 16:34:18 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。