戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SF車輌
三番目の娘は、好きな食べ物を最後にとっておく性格のようです。
丁寧に取り分けて、皿の隅にならべてたりしています。
わたしもかつてはそうでした。
でも、あるときから変えました。
人生何が起こるかわからないので、好きなものから食べる方式に変更したのです。

八輪重装甲車は、昔から憧れでした。
タミヤカタログを眺めながらうっとりする少年の日々。
ところが、
三つ子の魂百までとはよく言ったもので、大好きな最重要アイテムであるにもかかわらず、こんにちまで購入することがなかったのです。
AFVクラブの八輪重装甲車発売を記念して、タミヤの先輩キットがどのようなものであったのか確認する意味でストレートに組んでみたいと思います。
ステルス
それにしてもこの形状、おそろしく未来的であり、「電波吸収塗料が塗られたステルス装甲車なんだよ」と言われても信じてしまいそうです。
ステルス2
1936年から、このような被弾径始の見本のような車輌が存在していたのですね。
(日本の年表:二・二六事件:1936年2月26日)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。