戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の憂鬱
ヒストリカルフィギュアなどの塗り方は、
一言でいえば、塗り絵です。
精緻なグラデーションを使っているアニメのセル画のような塗り分けだと思っています。
それは抽象化を伴っているだけにわかりやすくアピール度が高い。
アニメの画面がそうであるように。
ただ、色だけでなんとかしようとするには限界があります。
リアリティの追求においては、
色だけでは再現できない質感という世界に踏み込むのであります。

さあ、やってみましょう。
まずは、目のまわりをサーモンピンク系の色で塗っておきます。
顔1
最暗部と思われるところに、グリーンを入れる。
顔2

肌色を塗ります。
顔3

赤みを入れます。
顔4

ハイライトを入れます。
顔5

クリアの伸ばしランナーで作ったレンズを
エナメルのクリアを接着剤がわりにして
裏側からはめ込みます。
顔6
んんー? 
ああ~ん??
眼が暗い!!
まるで宇宙人のようじゃありませんか!?

このあと裏からホワイトを入れたりいろいろとやってみましたが、白目の表現は成功しませんでした。
(ガクッ)

次回にフィードバックすべき教訓:「眼球はクリアパーツでなく、ホワイトで作ってみよう」

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、ご無沙汰しております。
クリアのままだと暗いということは黒目の部分を塗らなければリアルになるのでしょうか。興味深いですね。
2012/04/12 (木) 21:36:19 | URL | くろもり #.kIS0ob2[ 編集]
パイオニアっすね
文脈としては萌フィギュア系の(ドール系も根は一緒)チャレンジで、それをリアルフィギュアでやるとどうなるものかわくわくデス。
眼はクリアパーツを白目のところは白に塗る、というのがターヘルアナトミー的には正しいのでは?
もちろん黒目はクリアのままで、眼球の裏?の闇のような暗部を覗ける仕様です。
2012/04/12 (木) 22:54:09 | URL | sinya9k #OARS9n6I[ 編集]
くろもりさんへ
コメントありがとうございます!

黒目となる部分を塗らなければ、良いかもしれませんね。
気付きませんでした(汗)。
じつはもう、ふつうに塗ってしまったんです。

くろもりさんのアイディアから演繹すれば、
白目を白い伸ばしランナーから、レンズを作り
その中心部に穴を開け、
さらにクリアで作った小さなレンズをはめ込むという方法も考えられそうです。

大きめのスケールが前提となりますが。
2012/04/14 (土) 09:29:39 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
sinya9k さんへ
コメントありがとうございます!

白目のところを白に塗るっていうのがむずかしくてですねー。
細部の塗り分けの手間を省く意味でも
眼球の別パーツ化だったわけです。

クリアパーツの黒目は、いいですね。
深みがあって、おっしゃる通り宇宙のごとき闇が覗けます。

1/20で試したのち、1/35でやってみようという計画だったのですが、
課題がいろいろと見えてきました。
もう少し大きめのスケールで試した方が良さそうです。

2012/04/14 (土) 09:36:58 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。