戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘッツァーに乗って狩りに出よう!赤い狩人アカデミーヘッツアー
ヘッツァーという車輌に興味はなかったのですが、
イタレリ、ドラゴン、エデュアルド、タミヤ、そしてアカデミーと各社がキット化するので、いったいなんなのだろうと好奇心がわきました。
アカデミーヘッツアー
初めてのアカデミーキットです。
パーツの印象は、微妙にエッジがヌルくトランぺッターを連想させます。
が!、ほとんどの部品のパーティングラインはごくごくうすいスジでしかなく、カンナがけ一発で消せます。
型ズレがひどく部品の形状が変わるほど削らなければならないトランぺッターの一部の部品とは大違いでした。
パーツの合いも百発百中、ストレスフリーです。
意外とすぐれた製品でした。

戦争終盤に登場した究極にシンプルな形状のこの戦車が、どことなく精子に似てしまったのは、なにかの必然でしょうか。
精子のカタチ
ロビン・ベイカー 著 秋川百合 訳『精子戦争』河出書房新社より



Blondie : Atomic

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
ぬるさはこちらで確認を
http://afv.la.coocan.jp/index.php/2012/05/135-jagdpanzer-38t-hetzer-late-production-version-am13230-academy-models-アカデミー-ヘッツアー-後期型/

にパーツ写真アップしてます。(⌒-⌒; )
2012/05/23 (水) 19:28:15 | URL | iChamaru #GV3LfJa6[ 編集]
iChamaruさんへ
リンクありがとうございます!

コストパフォーマンスの高い、良いキットでした。
2012/05/28 (月) 06:24:45 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。