戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドプライマー色の新旧比較
タイガーではこんな色で塗っていたのが、
いまはこれ。
レッドプライマー新旧比較
やはりこれは展示会からのフィードバックで、明るく彩度も高めに塗るようになった結果です。
以前では考えられなかったような色を用いて塗るようになりました。
変われば変わるものです。

ただしどちらが正解ということでもないと思います。
色は無限にあります。
光線の加減次第でどのような色にも見えるからです。
作戦開始前の未明(朝日が昇る前)、あるいは今にも雨が降り出しそうな曇天の空の下では、ダークな色調に見えるでしょう。
(ちなみに、ドイツ人というのはやたらと早起きなんだそうです)

また、大戦末期の重苦しいムードを暗い色調で表現するというステレオタイプな演出法を用いたり、
フィギュアの心情を投影させた演出でダークな世界に塗ることもあるはずですから。

でも、いちばん多いのは、ウエザリングを重ねるうちに
気付いたら真っ黒になっていたケースではないでしょうか(笑)。


さて、変わると言えば、20年ぐらい前に合コンした女性とばったり会いました。
その変わり様にショックを受けたのです。
同じ学校を卒業したわけではありませんが、
同級生女子と顔見知りのようで、なぜか同窓会に参加されてました??
その変わり果てた顔に、なんとなく見覚えが!

「あなた、「あ」の付く人でしょ?」

「え!?」

「◯◯会社に勤めてた」

「だれだっけ?」

「20年ぐらい前に合コンで一緒だった」

「へ・・? 誰に誘われて行ったのだっけ?」

「後日、ふたりで喫茶店にも行ったんだよ」

「あー!!あのとき、わたしに説教したよね!」

「がははは・・そんなこと言ったっけ?(笑)」

アさん
それにしても、生え際がオール白髪です。
こんなに人がいるところに出てくるのに、ちゃんと染めなよと言いたくなります。
同級生女子と比べても明らかに老け込んでいるし、
孫がいてもおかしくないおばあちゃんぷりです。
聞けば、結婚もしていないと言う。
おもわず言ってしまいました。

「(あんなに綺麗だったのに)どーしてそうなっちゃったの?!」

あのときの出席者の中ではピカイチでした。
それがいまは・・・。
かなり大きなショックです。

電話番号を聞きましたが、また説教されると思ったのか教えてくれませんでした、
ちゃんちゃん。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。