戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問う、令してメーベルワーゲン部隊に衛らせんか
突然ですが、バックグラウンドで製作していたメーベルワーゲン量産型後期仕様です。
令して

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
防盾のカキコまで再現されるとは、相変わらず細かいとこまでこだわられてますね。さすがです!

ちなみに、チョークで描いた文字を表現するときは、色鉛筆の白を針削りして書き込むと臨場感バツグンですよ。

ユーロのモデラーさんがよくやられる手法です。
2012/07/15 (日) 01:01:59 | URL | ツカサ #E6wUXrP2[ 編集]
ツカサさんへ
ありがとうございます!

色鉛筆の白も、過去、試したことがあるんですが、色乗りが悪くてうまく書けなかったんです。
それ以来、チョークもポスカでやってます。
チョークっぽさには、欠けていますね。

色鉛筆の
種類にもよるのかもしれません。
外国製の色鉛筆でも調達してしましょうかね。
2012/07/16 (月) 11:09:20 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
カッコいい~!
宮崎さん!こんにちは(*^。^*)
写真拝見いたしました。
防盾に文字が入っているところや、錆の表現、やはりすごくカッコいいです!!
塗装が剥離して出て来た錆のところなんか、実車そのものの様に感じます。
私もこれからエレファントの塗装なのですが、頑張って仕上げたいと思います。
では、これからもよろしくお願いいたします。
2012/07/16 (月) 17:49:18 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
かおりさんへ
ええー?かおりさんまで!?
コメントありがとうございます!

かっこいいですかあ?(笑)
なぜ、この自信無い作品にどんどん拍手が入るのか不思議です。

かおりさんのイタリアンエレファント、注目していますよ。
アルプス越えすれば、そこはもう南国。
どんよりしたドイツとは、まったくちがう精神の開放感がある明るい日差しの世界です。
かおりさんの作風が、イタリアにぴったりではないかと思います。
具象にも関わらず、ちょっと抽象的で素朴な力強さがあるんですよね。
きっとすばらしいものができますよ。
2012/07/16 (月) 23:02:26 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。