戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木漏れ日の実際と実践開始
森の中にいる三号戦車の実際の写真がありました。
木漏れ日94
スプロケットや地面には明らかな木漏れ日が見てとれますが、
シュルツェンのところとなると、迷彩とごちゃまぜになって何が何だかよくわからないのです。

いちばん明るい部分が陽の当たっているところと考えてよいのかしらん?

訳が分からなくても塗り始めます。
明るい部分を上段の三色を使い、影の部分を下段の三色を使って
三色迷彩を仕上げようと思います。
木漏れ日95

まずは、暗いダークイエローと想定したバフから塗り始めました。
木漏れ日96

とりあえず、三色塗り終わりました。
陽の当たるスポット部分は、三色迷彩を塗り終えてから、ナイフで塗料を落として作った方が効率が良かったと思います。
木漏れ日97

ダークグレイを薄めてウォッシュしました。薄汚れて明度が落ち、存在が引っ込んだような印象になりました。
陰の部分ってこんな印象でしょ?
木漏れ日98

あまりに複雑系になり過ぎる予感がしますので、装備品の残りや取付けていなかった部品もすべて取付けました。
木漏れ日99

明るいスポット部分を明度の高い色で塗りました。
木漏れ日100
現時点でどうにも成功につながる兆しが、あまり見えませんが
これからなんとかなるでしょう。
なんとかするしかないです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
逆もありでしょうか?
今晩は宮崎さん。

木漏れ日塗装とはまた厄介な事にチャレンジしていますね~~~っ!
宮崎さんの探求心には私を含め訪問者の皆様もいつも次は何かな~?っと興味津々だと思います。

私が思うに木漏れ日塗装は明るい地色に木の幹、枝、葉っぱの陰を入れるのかと考えていましたが、
宮崎さんの場合は本当に木漏れ日をスポット塗装し再現しようとしていっる事にビックリです。

この後の展開を楽しみにしていますよ~。
2012/07/31 (火) 21:03:32 | URL | ハンス #-[ 編集]
ハンスさんへ
おはようございます。

スプレーワークを利用したもっと便利な再現法があると思うのですが、
初トライは、フル手描き再現になりました。
たぶん、一番難しく、失敗の可能性も高くなるでしょう。

がんばってみます。

応援ありがとうございます!
2012/08/02 (木) 08:22:52 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。