戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
習作 35(t)戦車完成
『ミレーの作風は写実である。
写実はどこか深い精神性と結びついている。
では抽象画は精神性と結びついていないのか、といわれそうだ。
芸術はすべて精神性の表現である。
が、ことに写実画はその奥に宗教的なものを秘めているように思う。
写実画は物の表現をリアルに観察し、リアルに表現していく手法であるが、このような外面の表現がそのまま内面の表現になっていくのである。
表層を描きながらその内部の深奥に迫っていくそのプロセスに画家は宗教的なものに出合う場合がある。』

横尾忠則著『名画感応術』光文社文庫より

完成35t4

この作品には、なにもない。
結局またつまらんものを作ってしまったという気がしています。
完成35t3

明度も色も変化させたはずなのに、モジュレーションが足りていないという雰囲気。
もっとダイナミックに変化させても良さそうです。
完成35t

しげしげさんのアドバイスに従って「赤いもの」をアクセントに入れたかった。
わたしの回答は、「ウクライナの赤い(縛られた)ねえちゃん」でした。
フィギュアの塗装は、ほんと、手に余ります。
結局、オミットです(笑)。
完成35t2

35tおしり

つまらない模型とは、一方の方向から見ただけで、その他の面や裏側が容易に想像できてしまうものです。
一瞥して終わり。
全体が極度に均一化しており、鑑賞者を楽しませるエンターテイメント性に欠けているのです。
見所となるポイントも用意されておらず、他との差別化もない。
なにか、きらりと光るものが欲しいのですよね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
完成おめでとうございます!!
履帯の錆が良いですね。私もそういうリアルな錆を再現したい・・・
またリベット戦車という事でリベットも強調もあり非常に印象的です。
「またつまらないもの」と仰いますが、安定したクオリティーで模型が作れるという素晴らしい事だと思います。しかも作品は上手ですし!!
それと私事で申し訳ないのですが、やっとAFVの会用の作品が完成しまして、出来れば宮崎さんに批評を頂きたいと思います。
日曜日にはAFVの会なので是非悪い所を重点的にご指導願いたいです。記事を関係ない話をすみません
2012/09/19 (水) 23:19:18 | URL | 同志99 #-[ 編集]
完成、おめでとうございます
宮崎さん!完成おめでとうございます。
宮崎さんは「つまらないもの」と書かれてしますが、私にとっては素敵な作品に思えます。履帯の錆びた感じなんか・・・到底私には表現できないスゴ技だと思います。
私は最近塗装時に、
ジオラマとの構図を考え・・・戦車だけが特出してしまわないよう心がけて塗るようにしています。
以前していた墨入れも、なんだか雰囲気に合わないので最近はしなくなりました。
その代りアクリル絵の具と油彩を使用して、戦車にこびりついた水垢なんかを
表現したいと努力しています。
今作っている88mm砲も、冬季迷彩で頑張る予定なので・・・
雪の中での88mm砲の見え方なども考慮して頑張ってみようと思っております。
錆の師匠の宮崎さんの作品は、
主人も大ファンですので、これからも素敵な作品をお願いいたします。
では、これからもよろしくお願いいたします\(~o~)/
2012/09/20 (木) 15:26:47 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
同志99さんへ
コメントありがとうございます。
返事が遅れてお申しわけございません!

>履帯の錆が良いですね

ありがとうございます。
カステンの履帯の良さだけが際立つ作品になりました(笑)。

工作では、キューポラのペリスコープ窓は、高さを低くしています。
でも、こんなのは言われなければ誰も気付かないんです。

砲塔の砲身と機銃は、可動です。

足回りの板バネは、作り直しています。

マフラーもかなり手を入れました。

「だからどうした?」みたいな結果が、じつに悔しいのです。
2012/09/24 (月) 16:58:21 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
かおりさんへ
ご声援ありがとうございます。
返事が遅れて申しわけございません!

いつも、かおりさんのあたたかい励ましに救われています。

>ジオラマとの構図を考え

さまざまな要素のバランスにまで気を配って製作されるまでになられて、目を見張る成長ぶりですね。
ブログも毎日更新されていて、続けることのむずかしさを痛感するだけに、感心することしきりです。
エレファントのジオラマも拝見させていただいてはいるのですが、ゆっくりコメントを書く時間がなく、ご無礼しています。

これからも頑張ります。

かおりさんの作品も楽しみにしていますね。
2012/09/24 (月) 17:06:20 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
完成おめでとうございます。

今年もAFVの会で実物を拝見したかったのですが、誠に残念ながら今年は参加できそうにありません。

仕事でかなり時間を取られており、この数ヶ月は模型をいじることもなく作業台のシンナーもからからに乾いていまいました・・・。
2012/09/24 (月) 17:40:17 | URL | yockey #-[ 編集]
yockeyさんへ
お仕事が忙しいのはなによりです。
生涯でいちばん忙しい年代というものがあります。
趣味は、生活のベースに余裕があってできるものですから、いまは全力でお仕事に励まれるのが、正解だと思いますよ。

お会いできないのは、残念ですが
いつかまたの機会を楽しみにしておきます。
2012/09/27 (木) 05:37:05 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。