戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全焦点マクロ
今度、新しく発売されるカシオのEX-ZR1000というデジカメには
「全焦点マクロ」という機能が加わっているそうです。
デジタル技術を駆使して、背景から近くの物体まですべてにピントを合わせた画像を生成する機能です。

これまでは光学的にそれを実現するしか方法がなく
そのためには超深度接写レンズなるものが必要でした。
それを使うと昆虫写真家、栗林慧さんのようなすばらしい画像(Gallery 1 の1、2、3を参照)が得られるのです。

全焦点マクロの何が良いのか?
ひとつは、プラモデル撮影にありがちなピント位置前後のボケがなくなる可能性があること。
接写するとどうしてもボケが大きくなるので、ミニチュア撮影と感じられてしまいます。

もうひとつは、ジオラマを作らなくても本物の背景を利用した写真が撮れる可能性があること。
本物の背景に負けないリアリティをそなえた模型であることが求められますが、これまでにない写真表現が可能になるのではないかと期待するのです。

ガンタンク99

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
実はぼくも目を付けてましたよ。
うまく撮れれば真っ先に宮崎さんを驚かしてやろうかと思ってました。
画質以外の性能を限界まで追求すると部品は小さく少ない方がいいのです。小さい素子と電子シャッターの性能によって大きなカメラの弱点をつこうとするものです。いいとことに目をつけているとは思いますが、真似するのも簡単なのが問題だと思います。
大きなカメラは解像度が上がりすぎて、ミラーやシャッターのショックさえ画質に影響を与えるようになってきています。ミラーレス、シャッターレスが当面技術的な課題になりますが、実現してしまうと、敷居が一挙に低くなり、外国メーカーの参入を許してしまうことになるでしょう。
そういう意味では、上記カメラはカメラよりビデオに近いのかもしれません。カシオはゲリラ的でトンガってます。
2012/10/26 (金) 19:59:13 | URL | iChamaru #GV3LfJa6[ 編集]
iChamaruさんへ
コメントありがとうございます!

同様の機能が他社のカメラにも搭載されれば、
模型撮影のクオリティも平均的に上がるんじゃないでしょうか。

それにしてもデジタルになると、なんでもありの世界に突入していますね。
思いもかけない技術が登場してくるかもしれません。

大きなカメラの存在意義も、ふつうの人にとっては、あまり重要ではないように思います。
ますますその傾向は強まるのでは?
ハイエンドオーディオが廃れてしまったように。
2012/10/28 (日) 02:35:03 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
いい情報頂きました。
コレ買っちゃうかもしれません・・・
2012/10/28 (日) 16:36:20 | URL | ツカサ #E6wUXrP2[ 編集]
ツカサさんへ
本物の風景をミニチュア風に撮影する機能はブームのようですが、それなら逆に、ミニチュアが本物に見えるような機能もあっていいはずだとずっと思っていたんです。
世界で初めての機能なので、どんな写真になるのか興味深いです。
もし購入の暁には、ぜひとも面白い写真を撮ってみせてください。
2012/10/29 (月) 23:48:34 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
宮崎さん、これねー・・・・・
背景選択が物凄く大変になりますよ・・・・。
宮崎さんのこの写真のように、模型と矛盾するものが写り込まない場所やアングルを見つけ出す事が出来れば良いんだけど、下手すると昔の水戸黄門のドラマみたいに、

「江戸時代なのに背景に電信柱が写ってる」

みたいになっちゃう。

日本の現用自衛隊車輌なら楽でしょうけど、第二次大戦車輌と矛盾しない背景を狙うとなると相当なリサーチが必要になる。
東京の河川敷だと高層マンションが写り込んでしまう、模型で上手くそれを隠そうとすると天然のライティングとぶつかる可能性が高い、だから、レフ版で補正する事になる。

決まればね、

「最高の写真になる。」

相当な準備と根性が逆に必要になりますね。
その価値は十分にあるとは思いますが。
2012/10/30 (火) 04:09:26 | URL | しげしげ #-[ 編集]
しげしげさんへ
コメントありがとうございます!

東京だと良質な背景を求めるのに遠出しないといけないかもしれませんね。
けっこういけると思うんですがね、こちらですと。

杉林を背景にしたKVとか、
門司港レトロのレンガで出来た建物をバックにキングタイガーとか、
新潟だと、雪山とか、雪の積もったゴルフ場とか、使えるものは案外あると思います。
いつもそういう目で景色を見ているっていうのもありますけど。

真空の宇宙空間に浮かぶ宇宙船だと全焦点マクロは必須ではないでしょうか。
2012/10/30 (火) 20:05:01 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。