戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョー初心者のシャーマン作り 3
キット付属のキャタピラは、ゴムパッドのキャタです。
うむむ〜。
キット付属キャタ
ダックビル付きの金属タイプをどこからか調達せねばなりません。
ちゃんと作ろうとすれば、それなりにコストはかさみますねー。

つらつらと物色するに、このM4A2 Late PTO 2in1というキットが良さそうです。
さらに倍!の、なんとキャタが4本も付いているテレビショッピングのようなキットです。
別キットのキャタ

これは得したぜ!な気分でもう一度リファレンスの写真をよく見てみると・・・
シャーマンリファレンス写真
な、なんと! 滑止めのパターンが左右で違っているじゃあーりませんか!!

さらに車体左側のキャタには、どうもダックビルが付いていない様子。
ダックビルなし
だよね。
戦闘中に切れたなどして交換したのだと推測します。

キャタが4本付いていて幸いでした。
ダックビルなしのカクカク台形パターンが使えそうです。

さて、右側のキャタですが、どうしたものか。

しばし潜考 ・・・・・

結論は、「前後の見える部分だけパターンを削り落とし、波形パターンを作って張り替える」ことにしました。

さっそく作ります。
試作一号。
試作一号
ちょっと波のカーブが大きくなり過ぎてしまいました。
ボツ。

ならばと試作二号。
試作二号
これなら、なんとかイイんじゃない?

これを使ってこのように張り替えてみるわけです。
原型完成
これと同じものが目に入る部分の総計で26個ほど必要です。
さあてどうしたものか。


つづく

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。