戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新春 ウンのつく話
『神奈川県、横須賀海軍航空隊。
昭和二十年二月、三重海軍航空隊奈良分遣隊へ飛行予科練習生として入隊した。
十六歳と二ヵ月だった。
あこがれの予科練習生とは雲泥のちがいであった。
第一次の訓練も終り四月中旬、愛知県岡崎海軍航空隊へ。
ここでも昼は走らされ夜は敵機の空襲で逃げまどったが一ヵ月余で横須賀海軍航空隊へはいった。
こんどこそは飛行機に乗れると胸をふくらませていたが、飛行場の地ならしや、トロッコおしばかり。
飛行機の数は少なく、私達はさわったこともない。
七月の末、一人で百匹以上のハエをとれ、と隊長から命令をうけ、飛行場のすみのアヒルや豚のいるところで友人の木下と二人でハエをたたき、予定数はとったし意気揚々とひきあげようとした時、一人の兵隊が「誰の許しを得てここへ来たか、豚といえども天皇陛下のものだ。二人共歯をくいしばって足をひらけ」あとはげんこつの雨。
私と戦友は豚の糞の中にころがり、身体中糞だらけになった。
それから半月、日本は降伏した。
 回答者・堀田三郎(大阪府在住)。』

『現代民話考 II 』松谷みよ子 立風書房(1985)より


機関銃を取付ました。
ベースのボールマウントをゴールドに塗っているところがミソ。
クロスレイon機関銃

機関銃はシルバーの上からツヤありブラックを塗るのがマイブーム。
完全なる写実ではなく、ちょっと抽象化したリアルを求めているからでしょうか。
機関銃

ライト関係の部品を取付けました。
クロスレイライト

凹面鏡をどんなに輝度の高いシルバーで塗っても、取付けてしまうと暗く見えてしまいます。
それに対し、実車のライトは、わりと白っぽく写っていることが多い。
これはつまり凹面鏡のカーブがきつ過ぎて上からの光が届かないからではなかと推測し、ゆるやかな反射面を製作。
ライトの塗装
なおかつホワイトをベースに塗って、シルバーとメタリックグレイで模様を描いています。
正面から見るとけっこうおかしなことになっているのではありますが(笑)。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

ライトの表現、いいですね!
これはちょっとイタダキ!と思いました。
クリアパーツの透明度が悪いと努力が台無しなんですけど。(笑

カーキ色については私も以前調べたのですが、タミヤのカーキ色は米軍のカーキ色であって日本軍のカーキ色じゃないんですよね。
じゃぁ日本軍のカーキ色って?ってのが実によく判りませんw
ですが、陸軍のカーキ色はかなりくすんだ土色みたいな色だったらしいです。

問題なのは、ビッカースクロスレイは「海軍」陸戦隊の車両なので100%陸軍のカーキを使ってないってことですね・・・。

2013/01/04 (金) 18:29:40 | URL | ツカサ #E6wUXrP2[ 編集]
どもん~!お久しぶりです!!
*。:.゚アケマシテヽ(´∀`)ノオメデトウ゚.:。+゚ございま~す!
昨年中は、あまりコチラにもお伺いできませんでしたが、、、
今年もよろしくお願いいたします!!
(コピペご挨拶でスイマセン、、、滝汗)

>つうか、、、カーキ色の極意!
見ていて鳥肌立ちましたよ、、、
なんか、ますます前衛的な色味になってきてて、、、
模型と言うよりも「絵」を見ている錯覚感が素敵すぎです!!
ことちもよろちくです~~!笑
2013/01/06 (日) 03:08:19 | URL | 兄さん #-[ 編集]
ツカサさんへ
新年おめでとうございます。

>クリアパーツの透明度

なぜかピットロードのこのライトレンズもよく見ると梨地のような細かなぶつぶつがあったんです。
エナメルのクリアをポトッと落としましたよ。

>タミヤのカーキ色は米軍のカーキ色

そうだったんですね!
タミヤの色はシブくていい色だって初期の頃は思ってたんですが、最近はあまりにダークで彩度も低すぎると感じるようになりました。

ところで海軍でもやっぱりカーキ色を使ってたんですかね。
キットの塗装説明書にもとづいて半信半疑ながら塗っていますが、海軍グレイの塗装図も同時に載ってます。
実車の写真だとかなり黒っぽい色に見えるものもあるんですよね。
本当はどんな色だったのか?
なんとなく消化不良です。

2013/01/06 (日) 13:44:46 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
兄さんさんへ( n は取れちゃったの?)
あけましておめでとうございます!
わざわざのご挨拶ありがとうございます。
こちらからお伺いもせず失礼いたしました。

もう現在は「絵」として塗ってる感バリバリですよ。
ウエザリングを施す前段階なのですが、基本色のところでかなり時間がかかっています。
外国勢との差は、ウエザリング技術だけではありませんからね。
なんというのか、縮こまらないでもっと伸びやかで大胆で自由な塗装ができてもいいんじゃないかと思います。

メガサイズガンダムを発売当初に買ってるんですが、「こりゃマトモに作ろうと思ったら(人を感動させられるようなものにしようと思ったら)、かなりのエネルギーが必要だぞ」とわかったので組み立てただけで絶賛放置中です(笑)。
余力がなくってすいません。

本年もよろしく。


2013/01/06 (日) 14:04:48 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。