戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コントラスト
展示会には実験的な作品を持ち込むように意識しています。
「会場の中で、それらの作品がどのように見えるのか」を試すためです。

昨年の九州AFVの会では、コントラストをMAXに高めた作品として
パンサーを持ち込みました。
たまたまAM誌でも展示会の紹介のページで取りあげられていましたが、雑誌の小さな写真の中では白く写っているのは光の反射によるものだと思われた方もいるかもしれません。
でも実際は「ほとんど白〜ほとんど黒」までの明暗をひとつの作品の中に取り入れた実験だったのです。

面で構成されているパンサーの車体は実験に好適でした。
上面側はすべてハイライト。
斜めの面だけを固有色と規定しました。
コントラスト
角度によって面をグループ化し、きちんと塗り分ければ違和感は生じないとわかりました。
たとえば、ジオラマ全体に同様の処理を施しても大丈夫なのではないでしょうか。

背面側は、ほとんど黒になっています。
コントラスト2

「もともと立体である模型に光と影をどれだけ取り入れるのか?」

この疑問に対する答えを探し続けています。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
素組の段階で定点からスポットライト当てて、いろんな
アングルから写真撮っとくといいかもですね。

なんか良いヒントをいただきました。
2013/02/05 (火) 14:52:08 | URL | REV3@インフル療養中 #mQop/nM.[ 編集]
コントラスト
宮崎さん!お久しぶりです。模型塗装のコントラストの記事、面白く拝見いたしました。私の場合戦車単体で作る事が殆どないためいつもジオラマとの色の兼ね合いを考えて塗装しているのですが、
中々しっくりこなくて悩みが多いです。
今は雪景色と中東の砂漠地域、そして捨てられてしまったシャーマンなどを作っているのですが、どれも特有の色表現をしようと頑張っています。
またコンテストが終了しましたら写真をアップいたしますので、ご感想をお聞かせいただけたら嬉しいです。
理想は宮崎さんのようなカッコいい塗装なのですが・・・
出来るかなー!!錆にもトライしますので、またいろいろご教授お願いいたします。では、さらなる作品を楽しみにしております。これからも、よろしくお願いいたします。
2013/02/06 (水) 11:55:59 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
REV3さんへ
コメントありがとうございます。
もうインフルエンザは治られましたでしょうか。

なんだか光学現象を取り入れない「素塗り」が、物足りなく思えてくるようになってしまって・・・。
リアリティは確実に失われる可能性が高まります(光の反射などを完璧にシュミレートするのがむずかしいため:コンピュータでも3Dの描画は時間がかかってましたよね)が、面白くってやめられないんですよね(苦笑)。

2013/02/07 (木) 19:08:49 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
かおりさんへ
コメントありがとうございます!
かおりさんのコメントにはいつも励まされています。

さて、様々なシーンの再現に意欲的に取り組んでらっしゃいますね!
すばらしいことです。

それぞれのシーンで空気感、日光の強さ、周囲からの反射の強さがちがうので、まったく異なる雰囲気になるのではないかと思います。
それぞれに意識した色使いをされると、すごく経験になると思いますよ。

うまくいくことを期待しています。
むずかしいですが、がんばってくださいね!
2013/02/07 (木) 19:14:54 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。