戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塗装力の向上をめざして
ジェームズ・ガーニー著『カラー&ライト リアリズムのための色彩と光の描き方』(株式会社ボーンデジタル)という本を購入しました。
カラー&ライト
過去の浮世絵、現代のアニメ画に象徴されるように、日本人の志向する絵というのはどこまで行っても「線画」プラス塗り絵という感覚であるように思います。
しかも、アニメ画の巨大な瞳に象徴されるように抽象性が高い。
とことんリアリズムを追求する姿勢よりも、ほどほどのリアリティに抽象性を加味したような表現を好むように思います。

一方で西洋は、大昔から二次元の中に三次元を再現することに心血を注いできました。
写実主義的なアプローチは長い間の伝統でした。
現代では実写と見分けがつかないほどの再現性を追求したコンピュータグラフィックスに徹底したリアリズムの現れを感じるのです(日本のCGはまだ二流だと思う)。
模型の世界でも、こうした背景で育ってきてなんらかの素養をもつ西洋人のモデラーは多いでしょう。

その人たちを相手に、美術のびの字も知らず特別な訓練も受けてきていない素人のわたしが同等以上にすばらしい作品をまぐれでなく生み出すことが出来るでしょうか?
と、思うので勉強しております。

P.15では19世紀アカデミズムの巨匠たちの作品としてジャン=レオン・ジェローム(フランス、1824〜1904年)の作品が紹介されています。
四号駆逐戦車の「木漏れ日モジュレーション」で失敗した光のスポット表現がうまく表現されていますね。
アカデミ

ラングなどに適用した「スカイブルーモジュレーション(青空変調)」の理論的裏付けも書かれていました。
スカイライト
本書によれば、陽光の下での光源は3つあるそうです。
「太陽」(直接光源)
「青空」(太陽を光源とする拡散光)
「周囲の物体」(太陽光の反射光)

うすうすそうだろうとは思っていましたが、はっきりと書いてあると認識が強化されます。
青空からの光は「スカイライト」と呼ぶらしいです。
右側の人物画では、黄色いシャツの肩口に色をのせてあります。
その色は、ブルーではなく「緑がかった色」というのに驚き(つまり黄色の影響を受けたブルーということでしょう)、また、のべつまくなしにブルーを上面にのせるのではないということに感心しました。
帽子にはブルーを置かないんですね。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
面白いですねえ
私もトーシロなので、ほんとは勉強した方が良いのでしょうが、根が無精なので・・・

ブルーを置かないところは直射日光でブルーが飛んでるってことなんでしょうか。
立体に置き換えるのは難しそうですね。
2013/02/17 (日) 20:22:53 | URL | sinya9k #OARS9n6I[ 編集]
sinya9k さんへ
コメントありがとうございます!

>直射日光でブルーが飛んでる

なるほど、そういうことなのでしょうね!

絵画の技法をどこにどのように立体模型に適用するか、その善し悪しを試行錯誤してみる予定です。

写実的な絵画の技法を知っていて塗るのと、
知らないで塗るのと、
認識の差は塗っている時の気分(安心感)はちがいますね。
2013/02/20 (水) 19:38:22 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。