戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「繰り返す」という手法
芳醇さに欠ける何万何千という作例。
スッキリさっぱりとした作風はもはや日本人のお家芸であるだけに何の感慨もわかなくなってしまいました。
不感症になったのでしょうか。
そうではないでしょう。
ミニチュアであることから脱するための技術的工夫が感じられないから退屈なのです。
実車は、スッキリさっぱりと見えるとしても、膨大な情報量が備わっている事実が見えていないがゆえに、それを再現できないのではないでしょうか。

「見えないものは、再現することができない」

もっと何時間も、何十時間も一枚の写真を見続けることで、何かが見えてくることがるかもしれません。
(たとえば、わたしの例ですと水野シゲユキさんのヤークトタイガー側面装甲の高解像度写真をデスクトップにして6ヵ月ぐらい毎日飽きずに眺めていました。すると、最初のころは見えなかった色や加えられたウエザリングの数々がはっきりと認識できるようになったのです)

実車の写真を観察すること、読み解くことは上達するためのカギでしょう。
ENGLISH RUSSIAにある写真もときどき参考資料としています。

その上で、どのように模型として表現するかは、各自の創造性に委ねられる自由ではないでしょうか。

わたしの場合は、完全なるリアルをちょっと一休みして
演出の多い絵画的な表現を試みています。

というわけで、やっと本題です。
塗装工程において、ウォッシング1回、フィルター1回、チッピング1回、ドライブラシ1回、スプラッシング1回とか、一度の工程で1色のみ使い、それで終りにしています?

異なる色を使い、2回、3回と同じ工程をもう一度最初から繰り返すだけで、アーラ不思議(あたりまえのことだけど)情報量が飛躍的に増え、芳醇な作品に早変わりとなります。

愚直なのですが「繰り返す」という手法は、けっこう重要なテクニックだと認識しています。

歯ブラシ飛散法で、グレイ系5色をスプラッシング。
繰り返す

ブルーグレイ系の色を作って油彩でまたフィルター。
繰り返す2

そして、またまたスポンジウエザリング。
やや異なる色味のグレイ系2色を追加。
繰り返し3
単純に繰り返すという行為だけで、表現の浅はかさをカバーすることができます。


またまた話は変わりますが、
福岡県生まれの医師、中村哲(ペルシャワール会現地代表)さんは
『憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言』岩波書店(2005)
の中でこう述べています。
『現地では、その後ずっと、吾が身のほうが「憲法9条」に実際守られてきたことを肌身に感じています。
(中略)
、半世紀にわたり、経済的な豊かさにもかかわらず、他国に戦争をしかけなかった国、平和の国・日本として、親近感を持たれてきました。
(中略)
9条を変えて「軍隊を派兵できる普通の国になるべきだ」という論理の、その「普通の国」の意味がよくわかりませんね。
そんなことを言うのは、“平和ボケ”した、戦争を知らない人たちの意見なのではないでしょうか。
改憲したい、と言う人々は、戦争の実態を、身をもって体験していない人なのではないか、と思いますよ。
 よく、理想だけではやっていけない、ちゃんと現実を見なければ、と言いますが、それこそが“平和ボケ”の最たるものです。
(中略)
現実を知らないから「軍隊に守られるのは危険」とか「軍隊そのものが危険」という認識を持てないんです。
「丸腰の強さ」を現地にいると痛感します。』

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
自分の場合、“ここにあるヘンテコな部品はなんなの?
一体どうやって使うの?”的な視点で取り組んでいます。
分からないと一歩も先に進めないジレンマはありますが
“再現”という意味合いにおいては、仕方ないかな、と
思っています。

あと国防の有り方に関しては、“普段はヘタレっぽいど
いざとなったら強い”と思わせるだけで十分かな、と。
ここのさじ加減が政治に求められるものではないかと、
思いますね。

2013/07/01 (月) 01:11:34 | URL | REV3 #mQop/nM.[ 編集]
REV3 さんへ
コメントありがとうございます!

REV3さん的完全再現は、究極の憧れでもあります。
そうやって作ることの至福の喜びは代え難いところですね。



力というものをミリタリーパワーだけに限定せず、もっと使えるカードとして有効性の高い力を持ってはどうかと思います。
具体的には、「国際救助隊サンダーバード」の国有化。
自衛隊を武器を持たないサンダーバード化してしまえと。
何かあったら助けにきてくれることが、友好を保つための担保となるのではないか、と思うのですが。
もうひとつは、戦争をしない国としての実績が、各地での紛争などの政治的仲裁力となるのではないかということ。
中立の立場で、仲介できる唯一の国として国際貢献することが、敵国視され危機を高めるような事態を遠ざけることにつながるのではないか、と考えてます。

防衛力とは、危機的な事態そのものを招かないことも含んでいます。

北朝鮮のように狂犬病のごとく吠えまくっていたら、最終的に核を持たなければ安心できない事態になるのは必然。

核を持つことのコストは、知られていませんが莫大な費用を必要とします。
あそこは、独裁制がクーデターで倒れる前に
経済的な面でやがて国が傾くのでは?

危機を招かないためには、危険な指導者を選ばないことも大切でしょう。
いまは人気取りのために経済的な政策に一所懸命な安倍首相も、
ほんとうの狙いは、9条の改正にありますので、わたし的には危険な指導者だと思っています。




2013/07/01 (月) 20:15:51 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
なんか、かわぐちかいじ氏の漫画を思い出しました。

まぁ、日本以外の国は非武装中立という理念の実現性に
ついては、懐疑的なんでしょうし、日本の実績とやらに
ついてえも日米安保あったればこそ、というのが正直な
ところでしょう。

いっその事、リアル武器の代わりにガンダム装備でも
いいかもですね。

強いか弱いか分からないので、やめとこう、みたいなw
2013/07/01 (月) 23:44:43 | URL | REV3 #mQop/nM.[ 編集]
REV3 さんへ
コメントありがとうございます。

革新的な防御兵器の開発と保有に特化すればどうでしょう。

ATフィールド、重力レンズなどのバリア兵器。
ホログラムシールドなどの隠蔽兵器。
ソルジャーホイホイなどの捕獲兵器。
ミノフスキー粒子、コスモクリーナーなどの無力化兵器。(笑)。
2013/07/02 (火) 08:33:56 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。