戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どれだけ自分らしくあるか
『私は、実社会での交渉ごとに弱かった。
情にもろく、断ると申し訳ないとか、嫌われるとか。
相手次第、相手任せな部分が多く、ビジネスライクに事を運ぶことができなかった。
 しかし、マイケルは、交渉を含めすべての物事の根底にあるものは、損得ではなくて「どれだけ自分らしいか」だと言う。
それが一番大事なことだと力を込める。
 勉強も、仕事も、芸術作品も、スポーツも。
たしかに、そういう価値観で物事を見ていくと、だいたいの問題は解決する。
そして、勉強は特別そうとも言える。
今格闘していることが、自分のためかどうか。
自分のためでなければ、学べない。
学んだふりに終わる。
 何事も、自分らしいスタンスでいくと、どんな選択をしても後悔しない。
だから、自分らしくあることにこだわるのは、最重要、最優先すべきことである。』

北川智子著 『世界基準で夢をかなえる私の勉強法』
幻冬舎(2013)より



ノイバウのフェンダーは跳ね上げた状態で取付けましたが、この状態で正しいのかどうか不明です。
三角板の部分が一緒に跳ね上がるのかどうか?
ノイバウフェンダー

ブルーフィルターを入れます。
ノイバウ2ブルーフィルタ

紫色を投入したことが、ひとつのエポック的な塗装だと思っています。
かつて紫色に塗られた戦車を見たことがあるでしょうか。
後から取付けた部品はステンレスで塗っています。
ノイバウ3

そこはかとない紫だったものを「えいやっ!」と思い切ってさらに強調した紫に変更。
これがわたしの自分らしさというやつです。
どこかのだれかと同じようなものを作っても意味ないでしょ。
ノイバウ5パープル

反対側はブルーグレイ基調。
保守的と言えば保守的な表現になります。
ノイバウ6

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。