戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんばった つ も り ぐらいじゃダメですか
ドラゴン社のノイバウの車体側面扉は、
どういうわけか開放状態を想定して設計されておらず、ベースフレームごと扉と一体モールド成形になっています。
そこでまず枠だけを作りました。
ノイバウ側面扉

リベット位置を写し取ってから、扉の周囲にモールドされた枠を削り、蝶番を作りました。
ノイバウ側面扉2
うーむ、
枠にリベット用の穴を開けるとき、枠がわずかに広がっているため、フチのラインががたがたに見えますね。
また、金属パイプを高い精度で接着することができませんでした。
瞬間接着剤を使った接着はどうもうまく精度を出せないんです。
結果的にいつものごとく、閉じた状態のとき、ぴったりと閉まらず、ぶわんと応力で浮いた状態になりました。
まあ、開放状態にするので問題ではないわけですが、
工作力の点でなんだかなあと自信が持てない状態が続きますね。
(蝶番のモールドにも成形上の欺瞞が隠されているキットも多いわけなのですが)

いちど扉の工作ばかり、いくつも徹底的におこなってベストなノウハウを構築することが必要でしょうか。
いつも片手間にやっていますから。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。