戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子どもを守るために戦って
油彩のホワイトで、上面にもう一度、うっすらとハイライトを入れました。
光源の方向は固定です。
多方向から光源を当てるカラーモジュレーション法のようなやり方は、形状が複雑な場合、混乱のもとです。
15㎝砲ハイライト

もうそろそろデカールも貼った方が良い頃でしょう。
今回はマークフィットを使いました。
これにて基本塗装工程は終了。
これからウエザリングに移ります。
15㎝砲デカール
(たまにA720isを使うと、バカみたいに良く写りますね。nikonのP7000はメモリー保持用の電池が弱くて、バッテリーの充電中に、苦労してつくりあげた設定がすべて飛んでしまう弱点があります)



好戦論者は「女子供を守るために立ち上がらないのか!」と言いますが、果たして女子供を守ることにつながるのでしょうか?


『 父は終戦とともに帰ってきたが、新しい母を連れていた。
新しい母は、私の下に弟や妹が生まれたあとも分け隔てなく育ててくれた。
 しかし、父は終戦と同時に仕事を失い、すっかり変わってしまっていた。
以前は製紙会社の研究室に勤めながら、軍の技術的な仕事もしているような人だった。
インテリというプライドがあったのかもしれない。
男としての自分の居場所を失った父は酒に溺れて、頻繁に暴力を振るうようになった。
父は大きい人だったが、そもそも子どもが大人に敵うわけがない。
投げられ蹴られる仕打ちに、私は耐えるしかなかった。
 しばらくして、わが家は家族が食っていくためにパンパンハウス(売春宿)になった。
夜になれば近くの遊郭からお姐さんが派遣されてくる。
お客は黒人兵が多かった。
 うちの祖父は大工の棟梁をやっていたので、家は継ぎ足しを何度もしていて、部屋はたくさんあった。
だからおあつらえ向きではあったのだが、それでも混んで部屋が足りないとなれば、母は私の部屋にも客を入れる。
私の寝ている横で、その行為が行なわれるのだ。
 派遣されてくるお姐さんのなかには学校の先生だった女性がいて、彼女から私はときどき勉強を教えてもらっていた。
しかし、その先生が黒人兵を相手に乱れるのを、真横で聞かなくてはいけない。
私は息を殺して固まり、死んだふりをしてやり過ごすしかなかった。』

代々木 忠 著 『つながる セックスが愛に変わるために
祥伝社(2012)より


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。