戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノイバウの排気管
サビという自然のハーモニーを、どこまでも考えて「自我」で描こうとするか、それとも、「感性」のままに思いつくままにつらつらと塗り重ねてあそぶか・・・。

ノイバウ排気管0

最近のわたしは圧倒的に後者。
あからさまに「リアルだろ〜」みたいな塗りって押し付けがましくないか?という意見もあり。
結果的にリアルになることもあり、ならないこともあり。
(でもリアルな方が受けがいいのは事実)

以下、自我を超越して軽やかに遊んでみた記録。
一応解説をつけましたが、ほんとは見て、感じるだけで良いのだと思います。

出だしは、金属色とオレンジ+ブラックのサビ近似色から始めました。
ステンレスで塗ったあと、オレンジ色のパステルをペースト状に溶いたものを塗りつけました。
(その画像は欠けています)
ノイバウ排気管1

全体をジャーマングレイで塗りました。
ホワイトは、ハイライトのつもりで乗せています。
また、
あとから乗せる色の発色が良くなるという効果があります。
ノイバウ排気管2

車体に取り付け、一部ジャーマングレイを剥がしています。
(オレンジが露出した部分)
ポスカホワイトを水で薄めたものを塗っています。
これはサビ色の発色を考えてのことです。
ノイバウ排気管3

マースオレンジを塗りました。
ノイバウ排気管4

バーントアンバーにてスポンジチッピング。
ノイバウ排気管5

ホワイトをスポンジチッピング。
ノイバウ排気管6

オレンジ系のパステルを4色ほど混ぜて塗りました。
なおかつ
塗っただけではダメなので、部分的には指でこすって、これまでの塗装の表情が透けて見えるようにしています。
ノイバウ排気管7

ホワイトに近いくらい明るくしたブルーグレイを乗せています。
「スカイブルーモジュレーション」と「車体色の褪色表現」と「サビの下地」の三役を兼ねています。
ノイバウ排気管8

バーントアンバーをスポンジチッピングしながら、ペトロールをつけた筆でぼかしています。
これで一気にサビっぽさがでました。
「白」と「茶」のコンビこそ、サビの記号なのです。
また、排気口の内側はススっぽくブラックのパステルで塗ってから、完全燃焼して「水」が出た様子(または結露の流れたもの)を表してクリアをいれてみました。
ノイバウ排気管9
「オイオイ排気管がこんなふうに錆びるかよ」という突っ込みもあるでしょうが、
いろいろな錆び方を適用して試しているような段階なので、
まあ、よろしいじゃないですか。
もう一息欲しいようにも思います。
車体側の塗装を仕上げていく途中で、感じるままに追加して塗ることにします。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。