戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キーファーなパンサー完成
『アンゼルム・キーファーの作品の背後にある思想についても、あれこれ語られている。
もちろん作家の根底には思想がなければならない。
しかし、われわれが作品につき合う瞬間は直観である。
とくにキーファーが与える絵画の力はストレートに意識の中核を撃つ。
言葉を超えた力だ。
その力はスピリチュアルでさえある。
(中略)
作品の製作と同様、観賞もまた自由な態度が必要だ。
「何が描かれているのか」ということは、さほど重要ではない。』

横尾忠則著『名画感応術』光文社文庫(1997)より



キーファーの作品をまねして塗りましたが、
その絵の持つ浸透力、訴える力を思い知らされることとなりました。
もうちょっとどころではなく、本物は圧倒的です。
キーファーなパンサー

タミヤのパンサーのフォルムにいつも違和感を感じていました。
比べれば、つねにドラゴンのそれの方がイメージにぴったりだったのです。
何が悪いのか?
おそらくはどちらも図面や計測に基づいて正確に作られているはずです。
今回は、「正確」ということを無視して
自分のなかでのイメージを追求しました。
車庫調しています。
ダウンサスならぬアップサスです。
わたしの中のパンサーはこんなイメージ。
ロードホイールの中央部が盛り上がっているのは、例のごとく遠近感を強調するための「グランドラインアーチ法」デス。
キーファーなパンサー2


キーファーなパンサー3

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。