戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
展示会に行くということ
自分の作品をもってAFVの会に出かけるということ。
その作品がうまくいったと思えるものか、そうでないかは関係ない。
部屋を出て、他の作品と混じり、人目に触れさせる。
そして自分自身も人と出逢う。
部屋にひとりでこもっている状態とはちがう何かが、そこで生まれるのです。
展示会から帰ってくると、
必ずそれまでになかった気持が醸成されて、新しい考えが生まれて、信念が強化されるというような経験が味わえています。
展示会

竹中平蔵著『竹中式マトリクス勉強法』幻冬舎(2008)のなかで、
このようなことが書いてありました。

『 聞いた話ですが、数学者の藤原正彦さんも、「数学者は孤独な職業だから人にほめられたり励まされたりしないとやっていけない」と仰っているそうです。
 なんでも、数学者たちはそれが分かっているからこそ、国内外の学会に積極的に参加し、互いに研究発表しては「ああ、その研究、面白いなあ」と励ましあっているのだとか。
「学会に行くのは人がどういう研究をしているのかという興味より、むしろそうしたほめ言葉や励ましの言葉をもらいに行くようなもの。それがなければ、多くの数学者はつぶれてしまいます」
 藤原さんは、そう書いておられました。これには、なるほど納得です。
 確かに、どんな分野であれ、勉強することとは、孤独です。そして、その孤独を救ってくれるのが、仲間同士の励まし合いなのです。』


そうか、モデラーもつらく孤独な作業の連続であるからこそ、
仲間同士で過剰なほどにほめ合っている訳なのですね。

最近わたしも思い通りのものが出来ないつらさ
身に沁みていますから、気持がよーくわかるようになってきました(笑)。
10月27日の九州AFVの会で、エネルギーをもらって来ようかな。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しております
宮崎さん、ご無沙汰です。

気がつけば10月。早いですね。私も10月26日、27日に地元の文化祭に作品を出す事になって、打ち合わせ他色々あたふたしています。

ブログを拝読して、なるほど!その通りだわぁ~と思いました。私も元気もらいに折り紙作品出して来ますね(^_^)v


2013/10/16 (水) 00:40:28 | URL | チャン家のママ #-[ 編集]
チャン家のママさんへ
お久しぶりです!コメントありがとうございます。

文化祭へ出品ですか、活動がんばってらっしゃるんですね。
自分の作品を人目にさらすと、なにかしら得るものがありますね。
自分の中の内的な変化も含めてです。

26、27日がんばってくださいね。
2013/10/17 (木) 18:57:10 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。