戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ手を入れる余地はある
あちこちで披露してすでに興味を失って久しいP40を
どういう風の吹き回しか、もう一度ひっぱり出してウエザリングを追加しています。
わたしの中では一度は終わったキット。
敗者復活戦のような気持です。
P40ウエザリングい

先日、
中村うさぎさんの『悩んでなんぼ!生きたオンナの作り方』ゴマ文庫(2007)という本を読んだのです。
すると、なかなか良いことが書いてありましてですね。
以下、長いけど引用です。

『 B子さん、あなたは「すぐに諦めてしまう性格」なのだと思います。
でもね、それはなぜなんでしょう。
何か理由があるから、諦めてしまうんじゃないですか?
誰か他人(私のような)を見て「あんなふうになりたい」などと安易に思う前に、まず、「何故、自分は諦めてしまうのか」を考えましょう。
 何故、なにもしないで諦めちゃうの?たぶん、「諦めるほうがラク」だからなんじゃない?
 そうです。
諦めるのは、一見辛そうに見えて、じつはとてもラクなんです。
何故なら、それ以上、傷つかなくて済むからです。
「当たって砕けろ」とばかりに体当たりして、本当に砕け散ってしまう痛みや傷の深さを考えると、さっさと「私なんか」と諦めてしまったほうが、なんぼかラクじゃありませんか。
 その代わり、それなりの報いもあります。
ラクに流れる人は、達成感を得にくい。
そうですね?
手に入れる努力を放棄し、それに伴う痛みも回避したワケですから、当然、「何かを手に入れる達成感」は得られない。
たとえ何も手に入れられなくても、精一杯悪あがきした人間は、「仕方ない。やるだけやったさ」と考えることができるけど、何もやらなかった人には、それすらできないのです。
結果、未練が残る。
無念な気持が尾を引く。
「欲しいものに体当たりできる人はいいなぁ」なんて、つい思っちゃう。
その人たちが「達成感」と引き換えに、どれだけ痛い想いをしたかも知らないで。
 これはね、どっちが正しいという問題ではないのです。
「ラク」を選ぼうが「達成感」を選ぼうが、その人その人の自由なのです。
人生に「ラク」を求める人は、「達成感」を得られない。
「達成感」を求める人は、「ラク」な想いができない。
どっちも同じ条件です。
どちらかを選べば、どちらかを失う・・・・・・そんなの当然のことではありませんか。
人生の局面において、「ラク」と「達成感」を秤にかけつつ生きてるワケです、我々は。
そして、一番大切なことは、「どっちが自分に向いているか」を見つけることだと思うのです。』


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。