戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さくら色にて隠し味
使用塗料:カンペハピオ水性工作用塗料ヌーロ、さくら色
塗料濃度:チューブのまま
使用筆:図画工作の時間に使っていた絵筆、中ぐらいの穂先でまとまりなし、かため
00-ヌーロさくら

水性塗料とはいえ激烈に乾燥が早いです。
ぼやぼやしていると、すぐに筆が固まってしまう印象。
砲塔バスルの下側を塗ります。
ほぼ見えなくなるところです。
00-砲塔バスル桜色

くちばしの下側も同様に。
砲身の下側にも少し。
00-嘴桜色

車体後部も。
00-車体後部桜色

車体前部の下側にも。
00-車体下桜色
塗りつぶして隠蔽してしまうのではなく、少ない塗料をこすりながら引き伸すように塗りました。




『 人は何かのプロになるために生まれてきた。
理由は2つある。
ひとつは周囲を喜ばせるため。
もうひとつは自分を喜ばせるためだ。
周囲を喜ばせるばかりでなく、自分自身も喜ばせなければ本当の幸せはつかめない。
もし何かのプロを目指すつもりがないのなら、今いる場所では存在自体が邪魔だから、とっととどこかへ消えたほうがいい。
なぜなら、周囲を喜ばせることができない上に、自分も喜ばせることができないからだ。
(中略)
参考までにプロの目安とは何かを述べておくと、素人ができる最高のパフォーマンスを、絶不調の状態で叩き出せることだ。
どんな分野でもプロになれば、必ず一目置かれる存在になる。
どんな分野でもプロになれば、別の分野のプロとの会話が楽しめるようになる。
どんな分野でもプロになれば、他人を認めることができるようになる。
何かの分野でプロにならなければ、人生はつまらない。』

千田琢哉著 『私たちの人生の目的は終わりなき成長である』(2014 学研マーケティング)より。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。