戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チッピング第一段投入
スポンジチッピングをバーントアンバー(油彩)で施します。
チッピングしたのち、ペトロールをつけた細筆でぼかしを入れました。


この手順は、これまでとは逆です。
これまではバーントアンバーでチッピングを入れてから、マースオレンジやマースイエローなどをあとから塗るのが常でした。
0-tipping3.jpg

どちらが絶対的な正解と言えるほどの差は無いようです。
0-tipping2.jpg

「正確なものを作る」という志向は十分に理解していますが、
方向性の異なる「面白いものを作りたい」という志向もまたありだと思っています。
正確に作るだけでは息がつまってしまいますから。
ドイツの鉄がこのように錆びることはないし、防盾だけがどうしてボロボロなんだ?という疑問もあるでしょう。
それをふまえた上で、このように塗ったほうが作品として面白いと判断しました。
0-tiping1.jpg
全体の配色として、この方がバランスが取れたと感じています。

とくにカルチャーショックを受けるほどのことも無いと思います。
そういえば、
カルチャーショックを受けた男の人の話として面白いものがありました。
ひとり旅活性化委員会編 『ガールズ・バックパッカー・マニュアル 女ひとり旅恋愛読本』(2000年 双葉社)のなかで、
以下のような話が紹介されています。

『 へんぴな場所の男性と関係をもつと、異文化ギャップに苦しむことも。
トルコのおとなりの国・シリアの田舎で、偶然出会った美少年と情事に及びそうになったH子は笑いをかみ殺した。
「 シリアで、欧米のH系映画をテレビで見られるようになったのはごく最近。
それまではセックスなんて単なる子孫繁栄のためだから、夫婦で楽しむなんていう概念は皆無。
だからニワトリみたいにそこだけ服を脱いでの15分勝負なの。
小さな部屋に家族一緒で住む田舎では、毛布の中でごそごそパッパッ。
彼だって、興奮しすぎて最初ヘソの中に入れようとしたりして、野生動物でも見ているみたいだったわ 」
 そういえばネパール人のガイドもいっていた。
「 フランス人と初めて関係をもったとき突然舐められて、俺は頭をトンカチで殴られたようなカルチャーショックを受けた。
地元の村人に話したら、奴らポカンとして聞いていたよ 」』


コメント
この記事へのコメント
防盾、すばらしいですね
防盾の表現、すばらしいですね。
研究成果が出ておられてると思います。
2014/07/10 (木) 09:14:47 | URL | picotang #-[ 編集]
picotang さんへ
コメントありがとうございます。

おいしそうに錆びさせることができました。
おホメに預かり光栄です。

2014/07/10 (木) 22:34:52 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
良い錆ですね!!
分厚い鉄板らしい錆び方だと思います!!
私も錆は研究していますが、やはり板厚と塗膜も錆の重要な要素だと感じます。その点私は車の様な薄い鉄板の錆びばかり重点的にやっており、戦車や防盾の様な分厚い鉄板の錆表現は勉強になります!!
2014/07/12 (土) 13:33:35 | URL | 同志99 #-[ 編集]
同志99 さんへ
おひさしぶりです。

鉄板らしい錆び方でしょうか、お誉めにあずかりありがとうございます。
どんな錆び方をさせるにせよ
下地の色は大切ですね。
サビの発色を良くするために、とにかくベースの塗装を明るくするよう心掛けています。
明度を上げておけば、
どんなウエザリングをするにしても効果的です。

2014/07/12 (土) 22:05:56 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。